【株価】自動車株は全面安…市場マインドが変化?

自動車 ビジネス 株価
米国株高を受け高く始まったが、利益確定売りが優勢となり全体相場は小反落。自動車株は全面安となった。

前日今期決算見通しを発表したトヨタ自動車が前日比130円安の7070円と急落。今期業績の鈍化見通しが失望売りを誘い、市場全体のムードに水をさした恰好だ。

ホンダも20円安の4040円と続落し、日産自動車が26円安の1226円と反落。マツダ、富士重工業も反落した。

好業績を背景に買われてきただけに、自動車株に対する市場マインドが変化する可能性も否定できない状況になってきた。
《山口邦夫》

編集部おすすめのニュース

  • トヨタ、06年度の国内販売は300億円の減益 画像 トヨタ、06年度の国内販売は300億円の減益
  • 横浜タイヤ06年度決算…海外販売が好調 画像 横浜タイヤ06年度決算…海外販売が好調
  • 太平洋工業06年度決算…売上高、経常利益ともに過去最高 トヨタ向けなど増加 画像 太平洋工業06年度決算…売上高、経常利益ともに過去最高 トヨタ向けなど増加
  • いすゞ、GM合弁会社でのディーゼルエンジン生産が100万基を突破 画像 いすゞ、GM合弁会社でのディーゼルエンジン生産が100万基を突破

特集