【東京オートサロン07】裏のZ使いデビュー…デモ走行

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

1月12日から14日まで行われた東京オートサロンにて、数々のモータースポーツ関連イベントが開催された。その中のひとつが、モータースポーツ・スクウェアで行われたSUPER GTのGT300クラスマシンとスーパー耐久のST2クラスマシンのデモ走行。

ドライバーがヘルメットを着けていないので表情が見えやすかったり、目の前をホイールスピンしながら走ったり、ドーナツターンなどを決めるなど、マシンに、鈴なりのファンは大喜びだった。

今回走ったマシンとドライバーは以下の通り。スーパー耐久マシンがST-2クラスの22号車「Start Your Engines IMPREZA」(インプレッサ)で、清水和夫選手。GT300マシンが、13号車の「エンドレスアドバンCCI Z」(フェアレディZ)で、影山正美選手。

まずは清水選手から走行し、4WDにも関わらず、決して広くない特設コースでドリフトしたり、クルクルと回したりと、マジックのような走りを見せていた。その後を受けて、さらに猛烈な爆音を響かせて走り出したのが影山選手。初っぱなからタイヤスモークを上げつつ走り出し、最後は観客の視界が奪われるほどのタイヤスモークが上がるまでドーナツターンなどを決めまくっていた。

その後のトークショーでは、清水選手はスーパー耐久にインプレッサで10年を越える参戦を続けているだけあり、4WDなのにマジックのような走りに対して、「いや、意外と簡単なんだよ」などとコメント。一方の影山選手は、今年も同じ体制でGT300クラスとスーパー耐久に参戦することを報告し、「裏のZ使い(表は柳田親子)としてがんばる」と、茶目っ気のあるコメントを出していた。
《デイビー日高》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集