【東京オートサロン07】D-SPORTS ムーヴ、ポジションは硬派

自動車 ニューモデル モーターショー

【東京オートサロン07】D-SPORTS  ムーヴ、ポジションは硬派
  • 【東京オートサロン07】D-SPORTS  ムーヴ、ポジションは硬派
  • 【東京オートサロン07】D-SPORTS  ムーヴ、ポジションは硬派
  • 【東京オートサロン07】D-SPORTS  ムーヴ、ポジションは硬派
  • 【東京オートサロン07】D-SPORTS  ムーヴ、ポジションは硬派
  • 【東京オートサロン07】D-SPORTS  ムーヴ、ポジションは硬派
東京オートサロンに展示されたダイハツ『ムーヴ』ベースのカスタムカーの1台が、「D-SPORT DNA-ECOS スポルザ・ムーヴ・カスタム」。「D-SPORT」は自動車外販部品の総合商社、SPKが興したダイハツ車専門のチューンアップパーツブランドだ。

派手なイメージカラーで注目されていたが、じつはエクステリアとインテリアはほとんどダイハツ純正パーツである。外観上のD-SPORTSパーツはアシストランプ、デカール、サイドスカート後部下のロアプレート、ナンバープレートボルトのみ。

むしろD-SPORTの真価は足回りとエンジンルーム内部のパーツにある。エンジン周りはラジエターキャップ、オイルフィラーキャップ、スポーツマフラーの3点。足回り、ボディ用パーツとして、シャーシ補強関連パーツが7点、ブレーキパッドとローターをラインアップしている。実写で確認しづらいパーツのため、展示車に近い壁にパーツのみ展示されていた。

軽のボディをスポーツ走行に耐えられる強度へステップアップさせる。D-SPORTのポジションは硬派だ。
《杉山淳一》

編集部おすすめのニュース

特集