【インプレ'06】木下隆之 三菱『eKワゴン』 良心的な出来

試乗記 国産車

【インプレ'06】木下隆之 三菱『eKワゴン』 良心的な出来
  • 【インプレ'06】木下隆之 三菱『eKワゴン』 良心的な出来
『eKワゴン』軍団には『eKスポーツ』と『eKアクティブ』も加わる。じつに多様なユーザーに対応しているのだ。もちろん木下的にはターボエンジンを搭載するスポーツに注目。『i』(アイ)のターボエンジンがとってもよかっただけに、こいつも大いに期待してしまうわけだ。

そして、いい。もっともそれは、ベースとなるeKワゴンの完成度が高いからでもある。まず感心するのはその乗り心地。トールボーイゆえに多少ロール感は強いけれど、それをしっかりと支えてくれる。ただし、スプリングを硬めて規制しているのではなく、しなやかに衝撃を受け止めながらグラグラを抑えているのが○なのだ。ひとクラスうえの乗り心地に思えた。

ちなみに、ドライビングポジションが格段に自然になった。トラック的な運転姿勢だったものが、乗用車にふさわしいシーポジに変化。これなら長距離ドライブでも疲れないだろう、というよさなのだ。

パワーは? 並みでした。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★☆☆
フットワーク:★★★☆☆
オススメ度:★★★★☆


木下隆之| モータージャーナリスト
プロレーシングドライバーにして、大のクルマ好き。全日本GT選手権を始め、海外のレースでも大活躍。一方でカー・オブ・ザ・イヤー選考委員歴は長い。「ジェイズな奴ら」を上梓するなど、作家の肩書きも。
《木下隆之》

編集部おすすめのニュース

特集