トヨタ ドライバー コミュニケーション の開催概要

エコカー 燃費
トヨタ自動車は、一般ドライバー向けの安全運転講習会「トヨタ・ドライバー・コミュニケーション」の2006年度の開催概要を発表した。2006年度は、モビリタでの講習プログラムをさらに充実させるとともに、開催拠点を増やし、全国6カ所で実施する。

講習会は、交通事故の低減を目的に、1987年以降各地で開催してきたトヨタ独自の啓発プログラムで、これまでに累計約1万4500人が受講している。2005年度は、4月に富士スピードウェイ内にオープンした「トヨタ交通安全センターモビリタ」と東京・臨海副都心のMEGA WEB(メガウェブ)の2カ所で年間を通して実施をし、約5500人が受講している。

モビリタでは、2006年度から、様々な講習ニーズに対応するため、一般・個人向けに、新たに「半日体験コース」「総合トレーニングIII」「トヨタレーシングドライバーミーティングII」の3つのプログラムと、企業・団体向け「オーダーメイドコース」に高齢者向けの特別プログラムをそれぞれ設ける。

また、開催拠点もモビリタ、MEGA WEBに加え、トヨタ系列の自動車学校である「トヨタドライビングスクール東京」、「中部日本自動車学校」でも開始し、定常的に講習を提供するほか、トヨタの製造事業体である、トヨタ自動車九州、トヨタ自動車北海道でも数回の講習を実施する。

モビリタではオープン1周年を記念し、4月2日に記念イベントを実施する。当日はモビリタで提供している講習プログラム体験のほか、ゲストにタレントのセイン・カミユ氏を招いてトークショーなどを行う。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • ブリヂストン、今年もタイヤ安全講習会を開催 画像 ブリヂストン、今年もタイヤ安全講習会を開催
  • 日野、省燃費・安全運転を指導する テクニカルセンターを新設 画像 日野、省燃費・安全運転を指導する テクニカルセンターを新設

特集