【東京モーターショー05】三菱 i の“渋さ”、わかったかな?

自動車 ニューモデル モーターショー
【東京モーターショー05】三菱 i の“渋さ”、わかったかな?
  • 【東京モーターショー05】三菱 i の“渋さ”、わかったかな?
  • 【東京モーターショー05】三菱 i の“渋さ”、わかったかな?
  • 【東京モーターショー05】三菱 i の“渋さ”、わかったかな?
  • 【東京モーターショー05】三菱 i の“渋さ”、わかったかな?
「『i』は存在感のあるプレミアムな位置づけを考えています。デザインテーマの『自由なフォルムと大きなタイヤ』は、MRプラットフォームだからこそ実現できました」とデザイン本部デザイン推進部の大谷一郎さん。『eKワゴン』はiが出てからも併売のようだ。

「iのインテリアは広いけれども包まれ感のある、まゆのカプセルのようなイメージです。造形も柔らかい線で、人に近い感覚を目指しました」

「カラーもショーカーにしては、渋いと感じる方もいらっしゃるかもしれません。でもそこはクルマの存在感が強く、大人でも乗れる、落ち着いた、分かっていただける人には分かっていただけるカラーを選びました。生産車と同じカラーです」
《松本明彦》

編集部おすすめのニュース

特集