【株価】円安が進んだが、トヨタは4000円台乗らず

自動車 ビジネス 株価
【株価】円安が進んだが、トヨタは4000円台乗らず
  • 【株価】円安が進んだが、トヨタは4000円台乗らず
円安を好感して高く始まったが、決算期末を控えた持ち合い解消の売りに全体相場は小反落。円相場が5カ月ぶりの1ドル=112円台に下げたが、自動車株は高安まちまちとなった。

トヨタ自動車が前週末比10円高の3930円と続伸。もっとも、一時01年8月15日以来の4000円台目前まで買われ、その後は売りに押される展開。上値の重さを印象付ける動きとなった。マツダ、ダイハツ工業、日野自動車工業は続伸。

一方、日産自動車が9円安の1261円と続落し、ホンダも40円安の5030円と続落。いすゞ、三菱自動車工業もさえない動きとなった。
《山口邦夫》

編集部おすすめのニュース

特集