もっとアクティブ、もっとファン! 個性をピュアに追求したタントファンクロス[詳細画像]

ダイハツ タントファンクロス(東京オートサロン2023)
  • ダイハツ タントファンクロス(東京オートサロン2023)
  • ダイハツ タントファンクロス(東京オートサロン2023)
  • ダイハツ タントファンクロス(東京オートサロン2023)
  • ダイハツ タントファンクロス(東京オートサロン2023)
  • ダイハツ タントファンクロス(東京オートサロン2023)
  • ダイハツ タントファンクロス(東京オートサロン2023)
  • ダイハツ タントファンクロス(東京オートサロン2023)
  • ダイハツ タントファンクロス(東京オートサロン2023)

ダイハツは東京オートサロン2023にて『タントファンクロス』のショーモデルを出展した。

強められた「アクティブ・ファン」というキャラクター

今回、出展されたタントファンクロスは、カタログモデルのコンセプトを、より純粋に追求した一台だと言えるだろう。カタログモデルと同じ名前を冠しながらも、そのキャラクターはより一層存在感を示す。ボディに描かれた、ランニングバイクに跨る親子のイメージは、「家族でアウトドアに飛び出す」という、このクルマのキャラクターを前面に押し出している。コンセプトモデルのイメージカラーである鮮やかなイエローは、クルマのアクティブ・ファンという個性を強調。カタログモデルの落ち着いた、くすみカラーとは一線を画すものだ。それでいて、色の刺激で疲れないよう緑に寄せた配色が選択されており、アクティブな印象と暖かみのあるイメージを両立させた。

ダイハツ タントファンクロス(東京オートサロン2023)ダイハツ タントファンクロス(東京オートサロン2023)

クルマとアウトドアが融合するデザイン

タントファンクロスタントファンクロス

「ファンクロス」のキャラクターを強調したこの一台には、アウトドアとの融合が目に見える形で現れている。例えば、エクステリアでは特徴的な輪っか状のバンパーコーナーを大胆に活用して、大きなカラビナ(登山などで用いるロープを留める道具)をモチーフとしたが表現なされており、インテリアには、芝生をデザインしたフロアマットを用意した。クルマその物がアウトドア・アクティビティと結びついているデザインに注目だ。

ダイハツ タントファンクロス(東京オートサロン2023)ダイハツ タントファンクロス(東京オートサロン2023)

カタログモデルの延長にあるコンセプト

展示された車両は、あくまでもコンセプトモデル。しかし、これは市販モデルの延長にあると考えた方がよいだろう。開発者は、ワンポイント・カラーが加えられた専用ホイールに関して「評判次第で次のファンクロスにつなげたい」と述べている。また、用品装着仕様車であれば、この(コンセプトモデル)くらいのカスタマイズができる、という例にしたいとも語っており、カタログモデルの可能性を示す展示車両となっている。

《ショーカーライブラリー》

あわせて読みたい

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集