「EQSとEQEのSUVモデルを2023年に日本導入」メルセデス・ベンツ日本 上野社長

メルセデスEQS SUV
  • メルセデスEQS SUV
  • メルセデスEQS SUV
  • メルセデスEQS SUV
  • メルセデスEQE SUV
  • メルセデスEQE SUV
  • メルセデスEQE SUV
  • メルセデス・ベンツ日本のEQ各車
  • メルセデスベンツEQA

メルセデス・ベンツ日本の上野金太郎社長は12月6日、電気自動車(EV)ブランド「メルセデスEQ」の新たなモデルとして『EQS SUV』および『EQE SUV』の2車種を、2023年中に日本市場に導入する計画を明らかにした。

上野金太郎社長は同日、横浜市内に開設した世界初となるメルセデスEQ専売拠点のオープニングセレモニーであいさつし、「メルセデスEQは、日本では2019年に『EQC』を導入し、その後2021年には都市型SUV『EQA』、本年7月には多様なライフスタイルにフィットとする『EQB』、そして9月にフラッグシップモデル『EQS』と、ミドルサイズセダンの『EQE』が加わり現在、国内最多となる5車種の電気自動車を揃えている。来年はさらに2車種、EQSとEQEのSUVモデルを日本に導入する予定」と述べた。

上野社長はEQS SUVおよびEQE SUVの具体的な発売時期や価格などは明らかにしなかったが、「EQS SUVを参考展示として特別にお持ちした。EQS SUVが実際にここメルセデスEQ横浜に6車種目の電気自動車として展示される日も、そう遠くはない」と語り、世界初のメルセデスEQ専売拠点「メルセデスEQ横浜」でEQS SUVの現車を展示、披露した。

《小松哲也》

あわせて読みたい

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集