レクサス LX、「F SPORT ハンドリング」も選べる米国仕様…2023年型[詳細写真]

レクサス LX の「F SPORT ハンドリング」(米国仕様)
  • レクサス LX の「F SPORT ハンドリング」(米国仕様)
  • レクサス LX の「F SPORT ハンドリング」(米国仕様)
  • レクサス LX の「F SPORT ハンドリング」(米国仕様)
  • レクサス LX の「F SPORT ハンドリング」(米国仕様)
  • レクサス LX の「F SPORT ハンドリング」(米国仕様)
  • レクサス LX の「F SPORT ハンドリング」(米国仕様)
  • レクサス LX の2023年モデル(米国仕様)
  • レクサス LX の2023年モデル(米国仕様)

レクサスの米国部門は11月9日、ブランド最上位SUV『LX』(Lexus LX)の2023年モデルを発表した。2022年内に米国市場で発売される予定だ。

2023年モデルには、ヒーター付きステアリングホイールを標準装備した。最上位グレードの「ウルトラ・ラグジュアリー」には、寄木細工の繊細な美しさが特徴の「鷹羽(たかのは)」ウッドトリムを標準装備。内装色には、サンフレアが用意された。リアシートエンターテインメントには、スクリーンカバーが追加されている。

日本向けにはない「F SPORT ハンドリング」グレードには、「ノリグリーンパール」のボディカラーをオプション設定した。漆黒のクロームグリルフレームを備えた「Fメッシュ」デザインのスピンドルグリルが専用装備される。大型のスピンドルグリルは、「F SPORT」ならではの装飾を採用することにより、押し出し感を強調している。足元には、新しい専用の22インチ鍛造アルミホイールを装備した。細いスポークデザインが特長で、スピンドルグリル同様、ブラックで仕上げられている。ボディカラーには、専用のウルトラホワイトとブラックオニキスが用意された。

インテリアには、ステアリングホイールとシフトレバーにテクスチャード加工の本革を採用し、見た目とグリップを向上させた。また、専用のF SPORTエンブレムが、ヘッドレストなどにあしらわれる。専用設計されたF SPORTのシートは、横方向のGに対するホールド性を追求したデザインだ。内装色には、サーキットレッドを専用設定している。


《森脇稔》

あわせて読みたい

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集