2代目『アクア GRスポーツ』発売、新型ベースに剛性&足回りを専用チューニング

トヨタ アクア GRスポーツ
  • トヨタ アクア GRスポーツ
  • トヨタ アクア GRスポーツ
  • トヨタ アクア GRスポーツ
  • トヨタ アクア GRスポーツ
  • トヨタ アクア GRスポーツ
  • トヨタ アクア GRスポーツ
  • トヨタ アクア GRスポーツ
  • トヨタ アクア GRスポーツ

トヨタGAZOOレーシング(TGR)は11月29日、、ハイブリッドコンパクトカー『アクア』に「GRスポーツ」を追加設定し、販売を開始した。価格は259万5000円。

GRスポーツは、スポーツカーシリーズ「GR」で採用された技術や走りの味、機能美をより多くのユーザーに提供すべくトヨタの市販車に投入したコンバージョンモデル。今回発売する2代目「アクア GRスポーツ」は、新型アクアをベースに先代より操縦安定性をレベルアップし、加速性能も向上した。

トヨタ アクア GRスポーツトヨタ アクア GRスポーツ

また、ボディ剛性の強化、足回りやパワーステアリング制御のチューニングにより走行性能を向上。エクステリアでは、ファンクショナルマトリックスグリルや専用バンパーの採用、ワイド&ローの専用デザインで空力性能向上に寄与する機能美を追求した。

今回、アクア GRスポーツの投入により、GRスポーツの国内ラインアップは、『ヤリスクロス』『ハイラックス』『ランドクルーザー』『コペン』『C-HR』と合わせ計6車種となる。

◆剛性アップ、足回りや電動パワステを専用チューニング

トヨタ アクア GRスポーツトヨタ アクア GRスポーツ

アクア GRスポーツはフロア下2か所へブレースを、さらにリヤバンパーリンフォースを追加。ベースとなるアクアの高いボディ剛性をさらに強化し、操縦安定性の向上とフラットな乗り心地に寄与する。

フロントサスペンションは、アブソーバ特性やコイルスプリングの専用チューニング、スタビライザーの特性変更、専用バウンドストッパーの採用、ロアアームのブッシュの特性変更等により、優れた応答性、適切な車両姿勢やコントロール性能、質感の高い乗り心地を高次元で両立した。リヤサスペンションはアクアのトーションビームサスペンションを踏襲しつつ、GRスポーツ専用にコイルスプリングやショックアブソーバーをチューニングしたほか、締結ボルトを変更。優れた操舵応答性と質感の高い乗り心地の両立を図った。

電動パワーステアリング(EPS)もGRスポーツ専用にチューニング。操舵フィールを高め、クルマとの一体感のある走りを実現する。さらにPOWER+モードでは、よりスポーティな手応えを感じるEPS特性により、さらなるスポーツフィールを体感できる。

◆空力性能を高める専用デザイン

トヨタ アクア GRスポーツトヨタ アクア GRスポーツ

フロントバンパーは形状をベース車から改良し、フロントタイヤ周辺の空気流を整流化し、後方に流すことで空気抵抗を低減。さらに、バンパーサイドまで回り込んだロア加飾バーを専用ラジエーターグリル「ファンクショナルマトリックスグリル」と融合させることで機能性と上質なデザインを両立した。ファンクショナルマトリックスグリルの六角形メッシュは「G」をモチーフにし、車両中心に対してシンメトリーに配置。Gモチーフの三角形部分を光が反射する角度で造形することで、立体感を演出する。

専用リヤバンパーロアカバーは、リヤバンパー下部をハの字のリヤバンパーガーニッシュでブラックアウト。Gメッシュのテクスチャーを配し、ワイド&ローでスポーティなリヤビューを演出する。また、専用ロッカーモールディング(カラード)によりボディサイドの厚みを持たせ、低重心なスポーティさを表現した。

トヨタ アクア GRスポーツトヨタ アクア GRスポーツ

タイヤ&ホイールはPOTENZA RE050A(205/45R17)と専用17インチアルミホイール(切削光輝+ブラック塗装/センターオーナメント付)の組み合わせ。アルミホイールはまっすぐ伸びやかなスポークでスポーティなデザインとした。タイヤは高次元のグリップおよびコーナリング性能を実現。フロントブレーキキャリパーはGRロゴ入りの赤色塗装でスポーティなイメージを強化している。

◆ブラックで統一したスポーティなインテリア

トヨタ アクア GRスポーツトヨタ アクア GRスポーツ

インテリアでは体をしっかりとサポートするスポーティシート(GRロゴ付)を採用し、エアヌバック+合成皮革の専用シート表皮で特別感を演出。天井や周辺部品をブラックで統一したコーディネートとした。

その他、専用本革3本スポークステアリングホイール(GRロゴ付)、アルミペダル、専用コンソールオーナメントなどを採用。グロスを抑えたダークメタリック塗装のほか、レジスターノブやインサイドドアハンドル(フロント)にはシルバー塗装を施した。

《纐纈敏也@DAYS》

あわせて読みたい

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集