ステランティスジャパン、日産出身の打越晋氏が新社長に就任

ステランティス(ロゴ)
  • ステランティス(ロゴ)

ステランティスジャパンは、ポンタス・ヘグストロム氏に代わり、2022年11月25日付で打越晋(うちこしすすむ)氏が代表取締役社長に着任したことを発表した。

新社長に着任した打越氏は、1991年慶応義塾大学大学院を卒業後、日産自動車で車載用半導体のエンジニアとしてキャリアをスタート。以降、日産モーターエジプト、ルノーサウスアフリカ、東風日産乗用車公司、愛知日産自動車で代表者を歴任した。その後、日本電産での欧州勤務を経て、2022年4月よりステランティスインドアジアパシフィックリージョンでアメリカンブランドのダイレクターに就任。31年にわたり一貫して自動車関連企業にて要職に就き、豊富なマネジメント経験を有している。

《纐纈敏也@DAYS》

あわせて読みたい

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集