MINI初のフルエレクトリックSUV『エースマン』を公道で初スクープ!

MINI エースマン プロトタイプ(スクープ写真)
  • MINI エースマン プロトタイプ(スクープ写真)
  • MINI エースマン プロトタイプ(スクープ写真)
  • MINI エースマン プロトタイプ(スクープ写真)
  • MINI エースマン プロトタイプ(スクープ写真)
  • MINI エースマン プロトタイプ(スクープ写真)
  • MINI エースマン プロトタイプ(スクープ写真)
  • MINI エースマン プロトタイプ(スクープ写真)
  • MINI エースマン プロトタイプ(スクープ写真)

MINIは現在、ブランド史上初となるフルエレクトリック(BEV)SUV『Aceman』(エースマン)を開発中だが、その最新プロトタイプをスクープサイト「Spyder7」のカメラが捉えた。2024年のワールドプレミアが予想されており、ハッチバックに次ぐブランド2番目のBEVになる。

今回はドイツ・ミュンヘンで交通渋滞に巻き込まれていたプロトタイプを激写。以前のスクープ時と変わらぬカモフラージュだが、路上で撮影された分サイズ感がわかりやすい。クロスオーバーSUVタイプとはいえ、サイズ感はミニらしいものとなりそうだ。将来、このエースマンがステーションワゴンの『クラブマン』に取って代わる可能性もあるという。

MINI エースマン プロトタイプ(スクープ写真)MINI エースマン プロトタイプ(スクープ写真)

エースマンは、中国のメーカーである長城汽車(グレートウォール)と共同開発した専用のEVプラットフォームを採用。今後登場する全ての電動ミニと共有することになる。ボディは『カントリーマン(日本名:クロスオーバー)』よりコンパクトながら、EVであるメリットを生かし室内空間は余裕あるものになるだろう。

2022年7月に登場したコンセプトモデルでは、ソリッドなグリルと角張ったヘッドライトを備えた、見慣れたミニの顔とは一線を画したデザインが話題となった。プロトタイプでは、5点LEDを備えるヘッドライトを装備、その周辺を楕円形トリムでカモフラージュしている。側面ではBMWスタイルのドアハンドルを装備、後部にはユニオンジャックのLEDテールライトの一部が見られる。

MINI エースマン プロトタイプ(スクープ写真)MINI エースマン プロトタイプ(スクープ写真)

コンセプトのインテリアは、中央に大きな丸いスクリーンを備えたシンプルなレイアウトと、ダッシュボード全体に情報を表示する未来的なプロジェクションシステムを特徴としていた。市販モデルのコックピットはまだ明らかになっておらず、プロジェクターが搭載される可能性は低いが、円形の中央スクリーンは採用の可能性大だ。

パワートレインは、AWD用のデュアルモーターを搭載することが濃厚だが、現段階で詳細なスペックは不明だ。

《Spyder7編集部》

あわせて読みたい

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集