トヨタの「いつでもウェルキャブ」、車いす収納装置を発売…後付けで既販車を福祉車両化

車いす収納装置
  • 車いす収納装置
  • 車いす収納装置(収納時)
  • 車いす収納装置(操作時)
  • 助手席ターンチルトシート
  • 助手席ターンチルトシート(使用イメージ)
  • 助手席ターンチルトシート(操作時)
  • いつでもウェルキャブ ロゴ

トヨタ自動車は9月26日、既販車に後付けで装着できる純正福祉用品「いつでもウェルキャブ」の新商品として「車いす収納装置」を発売した。

トヨタは、身体の不自由な人や高齢者、また介助する人など、誰もが快適で安全、かつ簡単で使いやすいクルマを目指し、福祉車両「ウェルキャブ」シリーズの開発に取り組んできた。今回、顧客のライフステージの変化に合わせて既販車に後からでもウェルキャブの機能を追加できる、純正の福祉用品「いつでもウェルキャブ」を開発した。いつでもウェルキャブでは、8月23日より「助手席ターンチルトシート」を従来型『シエンタ』をはじめとした既販車向けに販売。座席が回転し傾くことで、足を地面に着けたまま、またがずに乗ることができ、乗降が容易になる商品だ。

新商品となる車いす収納装置は、力が弱く車いすを持ち上げるのが困難な人でも電動で容易に車いすをラゲージに収納できる、ウェルキャブの装置。使用しない時は簡単に取り外すことができ、ラゲージスペースを有効活用できる。新商品は『シエンタ』新型向けをはじめ、今年11月以降、従来型シエンタや『アクア』、『ヤリス』、『プリウス』、『ルーミー/タンク』といった既販車に順次対象を拡大する予定だ。

価格は車いす収納装置、助手席ターンチルトシートともに14万9600円。

また今後は「いつでもウェルキャブ」の販売に加えて、トヨタグループの総合力を活かし豊通オールライフと共同で、レンタルサービスを一部地域にて10月1日から順次開始する計画だ。


《纐纈敏也@DAYS》

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集