【スバル クロストレック 新型】ワクワクを体感できるモデルへ、深化のキーワードは“FUN”

CROSSTREK(クロストレック)
  • CROSSTREK(クロストレック)
  • CROSSTREK(クロストレック)
  • キャビンを絞り込むことでフェンダーの張り出しを強調し、安定感を表現しました。
  • キャビンを絞り込むことでフェンダーの張り出しを強調し、安定感を表現。
  • シャープさを感じさせるフロントグリルバーやLEDヘッドランプにより、軽快かつ精悍なイメージのフロントマスクに。
  • レヴォーグとほぼ同じデザインのテールランプ。
  • エンジンは2.0L DOHC直噴+モーター(e-BOXER)。
  • 広い室内空間で、長距離ドライブでも乗る人全てが疲れにくく、ゆとりある移動時間が提供される。

SUBARUは9月15日、新型『CROSSTREK(クロストレック)』を世界初公開した。クロストレックは、コンパクトなボディとシンメトリカルAWDをベースとした本格的なSUV性能を持ちながら、都会からアウトドアシーンまで幅広く活用出来る多用途性を実現したクロスオーバーSUV。

今回発表されたクロストレックは、日本市場で『SUBARU XV』と呼ばれていたモデルの新型(第3世代目)だが、グローバルで使われていた名称の『クロストレック』に統一された。新世代アイサイトに、日本仕様では初となる広角単眼カメラを加え、高い安全性能を実現。日本市場への導入は2023年以降を予定されている。

オンラインで開催されたワールドプレミアでは、開発責任者の毛塚紹一郎氏がクロストレックの詳細について述べた。

開発責任者の毛塚紹一郎氏とクロストレック。開発責任者の毛塚紹一郎氏とクロストレック。

◆毎日が楽しく笑顔あふれるものになる"FUN"というキーワード

毛塚氏によると、先代SUBARU XVが登場した平成17年とは違い、コンパクト、ミッドのSUV市場は拡大傾向から飽和状態へと移行し、今後ますますの競争が見込まれていると分析。そこで新型のクロストレックを開発するに当たって、まず"FUN"というキーワードを決めたとのこと。このFUNには、新型クロストレックに乗るお客様の毎日が楽しく笑顔にあふれるものになるようにといった思いが込められている。

またSUBARU XVやクロストレックのユーザーは、車とともに自転車やスキーなどアクティブな趣味を本当に楽しんでいる方が多いとのこと。この現行モデルの提供している価値をさらに進化させ、お客様のアクティブな日常に寄り添い、楽しく豊かな人生のパートナーにする。それこそが磨き上げるべき商品力であると考えたと力説。そのためにアウトドアアクティビティへの冒険心をかきたてるデザイン、そしてアクティビティの目的地への運転が愉しくなる動的質感と安全性能、このふたつをさらに進化させたと語った。


《関口敬文》

あわせて読みたい

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集