メルセデスベンツ Sクラス、PHEV「S580e 4マチック ロング」を追加…EV走行距離100km

メルセデスベンツ S580e 4マチック ロング
  • メルセデスベンツ S580e 4マチック ロング
  • メルセデスベンツ S580e 4マチック ロング

メルセデス・ベンツ日本は、『Sクラス』にプラグインハイブリッドモデル『S580e 4マチック ロング』を追加し、受注を開始した。価格は1978万円。納車は7月を予定している。

S580e 4マチック ロングは、最高出力367ps/最大トルク500Nmを発生する3.0リットル直列6気筒エンジン「M256」に、最高出力150ps/最大トルク440Nmの永久磁石同期モーターを組み合わせたプラグインハイブリッドシステムを採用。システム総合の出力は510ps、トルクは750Nmとなる。28.6kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載。車速140km/hまで、航続距離約100kmまで電気モーターのみで走行できる。充電は6.0kWまでの交流普通充電と、最大60kWまでの直流急速充電(CHAdeMO規格)に対応する。

ドライブモードは、走行状況や走行距離に応じて駆動方式を選択する「ハイブリッド(H)」、スポーティな走行性能を実現する「スポーツ(S)」、走行特性とステアリング特性を個別に設定できる「インディビジュアル(I)」、140km/hまで電気モーターのみ走行できる「エレクトリック(EL)」、充電量を一定に保つ「バッテリーホールド(B)」の5種類を設定する。

ELモード走行時には、ステアリングホイール裏のパドルによりバッテリーへのエネルギー回収量を4段階で調整できる。また、「インテリジェントアクセルペダル」にはプレッシャポイント機能を装備。ELモードでこれ以上アクセルを踏むとエンジンも使用しなければならないというモーター走行の限界点でアクセルペダルの抵抗を増してドライバーに通知し、無駄なエネルギーの消費を抑えるドライビングを実現する。


《纐纈敏也@DAYS》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集