メルセデスベンツ EQE にも超高性能バージョン登場か!? AMGモデル、最終デザインが露出

メルセデス AMG EQE プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデス AMG EQE プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデス AMG EQE プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデス AMG EQE プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデス AMG EQE プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデス AMG EQE プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデス AMG EQE プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデス AMG EQE プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデス AMG EQE プロトタイプ(スクープ写真)

メルセデスベンツは「IAAモビリティ2021」にて、電動モデル「EQシリーズ」の高性能フラッグシップセダン『AMG EQS 53』を発表したが、『EQE』にもAMGを設定、パフォーマンスモデルのラインアップ充実を図る。

2020年11月には「EUPIO」(欧州連合知的財産庁)へ「EQE 43」、「EQE 53」、「EQE 63」を登録していることが発覚。AMG EQEはこれまでにないモデルのため各グレードの特徴が不明で、今回「Spyder7」が捉えたプロトタイプ車両がどれに該当するのか判断するのは困難だ。しかし、ビジュアルに多くの変更がみられることから最上級「EQE 63」である可能性が高そうだ。

捉えたプロトタイプは、フロントグリルを完全にカモフラージュしており、専用のデザインが与えられる可能性もある。またベースモデルよりアグレッシブなエアインテーク、フロントスカート、AMG塗装されたブレーキキャリパーを装備しているほか、ディフューザーを内蔵した後部バンパーにはエアアウトレットを配置、大型化されたトランクリッドとスポイラーがカモフラージュされている。

メルセデス AMG EQE プロトタイプ(スクープ写真)メルセデス AMG EQE プロトタイプ(スクープ写真)

AMG EQE市販型では、両方の車軸にAMGチューンの電気モーター、アダプティブエアサスペンションのセットアップ、セラミックブレーキなどを装備する可能性もある。

先に公開された兄貴分「AMG EQS 53」のデュアルモーターセットアップでは、最高出力658ps、最大トルク950Nmを発揮。オプションの「AMG Dynamic Plusパッケージ」をセレクトすれば最高出力は761ps、最大トルクは1020Nmまで高められる。AMG EQEではデチューンされるはずだが、それでもEQE 63では、670ps以上を発揮するはずだ。

AMG EQEのデビューは、2022年3月に開催予定のジュネーブモーターショーと予想され、非AMGバージョンと一緒に2022年後半から生産が開始される予定となっている。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース