BMW 3シリーズ 改良新型の内装をスクープ! 外観は高性能モデル「M340i」か?

BMWが現在開発中の『3シリーズ』改良新型のコックピットを、スクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて撮影することに成功した。第7世代となる現行3シリーズ(G20型)は、2019年に発売。これが初の大幅改良(LCI)となる。

ニュルブルクリンク付近で捉えたプロトタイプは、新型『M3セダン/M4クーペ』で話題となったXXLサイズの巨大キドニーグリルではなく、通常サイズであることがわかる。また厚めのサイドシル、赤いブレーキキャリパーを装備しており、高性能モデル「M340i」プロトタイプである可能性が高い。おそらくフロントフェンダーのマスキングテープの下には「M」ロゴが隠されているはずだ。後部では、ピュア「M」モデルのような極太円形パイプよりも控えめなサイズの排気口がインサートされている。

BMW 3シリーズ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)BMW 3シリーズ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)写真をすべて見る
これまで布で隠されていたキャビン内はついにアンヴェールされ、『iX』や『i4』同様のサイドバイサイドスクリーンレイアウトが確認できる。12.3インチのデジタルインストルメントクラスタ、及び14.9インチのタッチスクリーンを採用、第8世代のiDrvieインフォテインメントシステムが搭載されるはずだ。

おそらく、2つのディスプレイはフレームレスベゼルを共有しており、1つのワイドディスプレイに見えるが、インフォテインメントはユーザーエクスペリエンスを向上させるために、ドライバー方向へわずかに角度が付けられるはずだ。

改良新型では内燃機関、ハイブリッド、プラグインハイブリッドがラインアップされるが、最大の注目はフルエレクトリック『3シリーズ EV』(仮称)の設定だろう。EVは、中国市場で販売されているロングホイールベースを基盤とするが、グローバルモデルとして市販される可能性がありそうだ。

3シリーズ改良新型のワールドプレミアは、2022年夏と予想される。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》
【画像】BMW 3シリーズ 改良新型の内装をスクープ! 外観は高性能モデル「M340i」か?(13枚)

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース