シートは幅広の抗菌・抗ウイルス対応デュアルタイプ…京急が春からコロナを念頭にした新車を投入

京浜急行電鉄(京急)は1月20日、1000形のモデルチェンジ車を春から順次投入すると発表した。

これは、座席指定列車や貸切イベント列車での運用を念頭にしたもので、4両編成2本計8両(1891-1~1891-4、1892-1~1892-4)が登場する予定。

座席にはロングシートとクロスシートを切り替えることができる、自動回転式のデュアルシートが採用され、各座席に電源コンセントも装備。また、シート地には抗菌・抗ウイルス処理が施され、新型コロナウイルスの感染拡大を抑制。換気については暖房と外気導入空調との両立を実現し、冬季においても安心かつ快適な車内環境を提供するとしている。

このほか、フリースペース(2・3号車)や車椅子スペース(1・4号車)、防犯カメラ(各車3台)、京急車としては初となるバリアフリー対応の洋式トイレ(2号車)も設置される。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

  • 東急が全駅へ抗ウイルス・抗菌加工…利用者が触れる箇所が対象 10月上中旬の完了を目指す 画像 東急が全駅へ抗ウイルス・抗菌加工…利用者が触れる箇所が対象 10月上中旬の完了を目指す
  • 東京メトロ、全2720両の車内に抗菌コート剤…処理済みにステッカー、通常清掃も変更[動画] 画像 東京メトロ、全2720両の車内に抗菌コート剤…処理済みにステッカー、通常清掃も変更[動画]
  • 阪神に続き、京王でも車内の抗ウイルス・抗菌加工対策…7月中旬から873両全車へ 画像 阪神に続き、京王でも車内の抗ウイルス・抗菌加工対策…7月中旬から873両全車へ
  • 阪神の車内に抗ウイルス・抗菌加工…対象は全車両、効果は数年間持続 6月中旬から 画像 阪神の車内に抗ウイルス・抗菌加工…対象は全車両、効果は数年間持続 6月中旬から

特集

おすすめのニュース