頂点は800馬力の「73e」!? メルセデスAMG SL 次期型、2グレードを同時スクープ

メルセデスAMGが開発中の2ドアオープンスポーツカー『SL』最新の次期型プロトタイプを、2グレード同時にカメラが捉えた。メルセデスAMG本社がある、ドイツのアッファルターバッハ近くで撮影されたプロトタイプは、これまでで最もカモフラージュが軽く、最終デザインが徐々に見えてきている。

フロント&リアバンパーに赤いテープが貼られている車両は、円形クワッドエキゾーストパイプを装備、おそらく「SL43」とみられる。一方青いテープが貼られているプロトタイプは、大きな四角いクワッドエキゾーストパイプがインサートされており、上位モデルの「SL63」と思われる。

どちらも生産型フォールディング・ソフトトップを備えており、SL63には垂直スロットを備えるパナメリカーナグリルのカモフラージュが確認できるほか、SL43はフロントバンパーの形状が露出、コーナーデザインの処理が見てとれる。

メルセデスAMG SL 次期型プロトタイプ(スクープ写真)メルセデスAMG SL 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
次期型は、AMG専用モデルとして開発が進められ、『AMG GT』次世代型と同じプラットフォームを採用し、シートレイアウトは2+2になると予想されている。また、現行型より遥かにスポーティで、ハンドリングと快適さの完璧なバランスが期待できるだろう。

エンジンラインアップは、エントリーレベルに最高出力400psを発揮する3.0リットルV型6気筒エンジン搭載の「AMG SL43」を、その上には最高出力440psを発揮する3.0リットル直列6気筒ターボエンジン搭載の「AMG SL53」及び「53e」を用意する。

さらに最高出力515psを発揮する4.0リットルV型8気筒エンジン搭載の「AMG SL63」、最高出力604psを発揮するV8ツインターボ搭載の「AMG SL63S」、そして頂点には最高出力800psを発揮する4.0リットルV型8気筒+電気モーターを搭載する「AMG SL73e」が予想される。

SL次期型のワールドプレミアは、2021年後半と予想されている。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 「最強コンパクトセダン」奪還なるか!? アウディ RS3セダン 次期型、スノーテストを激写 画像 「最強コンパクトセダン」奪還なるか!? アウディ RS3セダン 次期型、スノーテストを激写
  • VW ポロ も“ゴルフ顔”に!? 現行初の改良でマイルドハイブリッドも 画像 VW ポロ も“ゴルフ顔”に!? 現行初の改良でマイルドハイブリッドも
  • BMW X3 改良新型、フロントを大胆にイメチェン!? オペレーティングシステム7.0も 画像 BMW X3 改良新型、フロントを大胆にイメチェン!? オペレーティングシステム7.0も
  • GLAとは結構違う?発表間近のメルセデスベンツ EQA、最終デザインが露出 画像 GLAとは結構違う?発表間近のメルセデスベンツ EQA、最終デザインが露出

特集

おすすめのニュース