今期は“癒し”をテーマに フィット を推す…島崎 七生人【日本カーオブザイヤー2020-2021】

「第41回 2020-2021 日本カー・オブ・ザ・イヤー」が12月7日、発表された。モータージャーナリストをはじめとする60名の選考委員による投票のもと、今年の1台はスバル『レヴォーグ』に決定した。

審査委員の島崎七生人氏は、ホンダ『フィット』に10点満点を投じた。フィットは得票数で次点であった。以下は日本カー・オブ・ザ・イヤー公式HPに掲載された島崎氏のコメントである。

☆☆☆

コロナ禍にあって、マスクと消毒が不可欠な世の中になり、つくづく人は疲弊した状況にさらされている。そんな中で、ふと改めて聴いたマイケル・ジャクソンの『Heal The World』の歌詞とメロディラインが心に沁みた。だから今期は“癒し”をテーマにイヤーカーを考えることにし、ホンダのフィットを推すことにした。

“心地よさ”を打ち出すフィットは、内・外観デザイン、優しく懐の深い乗り味などが打ち出しどおりに仕上げられている。日常で使いながら、愛犬を乗せるなどもしながら、でしゃばりすぎない、いい道具感を持っていることも実感した。

ただし、長距離を乗ると快適だが、最後の方で少し退屈な気持ちを覚えることもあった。プレーンなクルマだからこそのことだろうが、この点については、今後、走りだけでなく、さまざまなアプローチ、アイデアでフォローしていただけたら、と思う。

☆☆☆

島崎氏の全投票点数(掲載はノミネート番号順)
スバル・レヴォーグ:6点
トヨタ・ヤリス/ヤリスクロス/GRヤリス:3点
ホンダ:フィット:10点
マツダMX-30:4点
プジョー208/ e-208:2点

各賞
●日本カー・オブ・ザ・イヤー:スバル・レヴォーグ
●インポート・カー・オブ・ザ・イヤー:プジョー208/ e-208
●デザイン・カー・オブ・ザ・イヤー:マツダMX-30
●テクノロジー・カー・オブ・ザ・イヤー:アウディ e-tronスポーツバック
●パフォーマンス・カー・オブ・ザ・イヤー:BMWアルピナB3
●K CAR オブ・ザ・イヤー(軽自動車):日産ルークス、三菱eKクロススペース、eKスペース

《出典:日本カー・オブ・ザ・イヤーHP》

編集部おすすめのニュース

  • 【日本カーオブザイヤー2020-2021】今年の一台は『スバル レヴォーグ』に栄冠、インプレッサ以来4年ぶり 画像 【日本カーオブザイヤー2020-2021】今年の一台は『スバル レヴォーグ』に栄冠、インプレッサ以来4年ぶり
  • 【ホンダ フィット 新型試乗】余裕、スムーズさでは「e:HEV」が1枚上手…島崎七生人 画像 【ホンダ フィット 新型試乗】余裕、スムーズさでは「e:HEV」が1枚上手…島崎七生人
  • 【ホンダ フィット 新型試乗】見た目はプレーンに、走りは「クラスが上がった」…島崎七生人 画像 【ホンダ フィット 新型試乗】見た目はプレーンに、走りは「クラスが上がった」…島崎七生人
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース