【トヨタ ハリアー 新型】愛車サブスク「KINTO」で取扱い開始、モデリスタ仕様も

トヨタ自動車は、昨年スタートした愛車サブスクリプションサービス「KINTO ONE」にて、6月17日より新型『ハリアー』の取扱いを開始した。

トヨタは、7年ぶりのフルモデルチェンジとなる高級クロスオーバーSUV、新型『ハリアー』を6月17日に発売。同時にKINTOでの取扱いもスタートした。月額料金は、ボーナス併用払いなしの3年プランが6万1600円より、5年プランが5万7310円より、7年プランが5万4010円よりなど。

またKINTOでは、トヨタカスタマイジング&ディベロップメントが展開するカスタマイズパーツブランド「モデリスタ」のエアロパーツ装着車を、新たにラインアップに追加。KINTO厳選のモデリスタパーツを装着した、新型『ハリアー』、『ランドクルーザー』、『アルファード』、『ヴェルファイア』が気軽に月々コミコミ定額のKINTOで利用できる。

月額料金(ボーナス併用払いなし・3年プラン)はハリアーが8万3710円より、ランドクルーザーが11万8250円より、アルファードが8万9760円より、ヴェルファイアが8万9540円よりなど。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース