BMW 6シリーズ グランツーリスモ 初の改良新型、デビュー直前フルヌードを激写!

BMW 6シリーズ グランツーリスモ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 6シリーズ グランツーリスモ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 6シリーズ グランツーリスモ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 6シリーズ グランツーリスモ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 6シリーズ グランツーリスモ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • 現行BMW 6シリーズ・グランツーリスモ(参考画像)
  • 現行BMW 6シリーズ・グランツーリスモ(参考画像)
  • 現行BMW 6シリーズ・グランツーリスモ(参考画像)
  • 現行BMW 6シリーズ・グランツーリスモ(参考画像)

BMWは、5月27日にも韓国で『6シリーズ グランツーリスモ』(6シリーズGT)改良新型を発表予定だが、ひと足先にその市販モデルの姿を、スクープサイト「Spyder7」のカメラが捉えた。

6シリーズGTは2017年、第4世代となる現行「G32」型に、『5シリーズ グランツーリスモ』後継モデルとして設定、これが初の改良新型となる。

ほぼフルヌード状態で撮影されたその姿からは、G30『5シリーズ』改良新型と同様に新デザインのL字型LEDデイタイムランニングライトを装備。『4シリーズ』新型のような巨大グリルではないもののワイドなキドニーグリルや、縦型のコーナーエアインテークなど現行型より精悍な顔つきとなった印象だ。

リアエンドでは、テールライトが現行型と同じように見えるが、プロトタイプのため、発表時には「5シリーズ」改良新型のような「逆アイスホッケースティック」デザインに変更されている可能性もある。

BMW 6シリーズ グランツーリスモ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)BMW 6シリーズ グランツーリスモ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
キャビン内は、インフォテイメントシステムやデジタルダイヤルのアップグレードに加え、インテリアの色やトリムのアップグレードに重点がおかれる。

パワートレインは、最高出力255ps、最大トルク400Nmを発揮する2.0リットル直列4気筒ターボチャージャー、最高出力382ps、最大トルク500Nmを発揮する3.0リットル直列6気筒ターボチャージャーのほか、48Vスタータジェネレーターを装備するマイルドハイブリッドシステムが追加されると予想される。

BMWは、5月27日の韓国でのイベントにて、5シリーズ改良新型をデビューさせることを正式に発表しているが、この6シリーズGT改良新型も同時公開となる予定だ。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

あわせて読みたい

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集