テレビでみたモノクロ仕様、初代東海道新幹線「0系」がプラレールに

プラレール ノスタルジックTOKYO 0系新幹線
  • プラレール ノスタルジックTOKYO 0系新幹線
  • 東海道新幹線開業当時の記念切符を模したプラレール特製の“記念切符”付き(実際には使用できない)
  • 1964年開業時の0系新幹線

1964年に登場した初代東海道新幹線「0系新幹線」車両。当時多くの人が白黒テレビで運転開始のニュースを目にしたことだろう。その0系新幹線が、テレビ画面で見た“モノクロ”の姿で鉄道玩具『プラレール』の車両になった。

青と白のツートンカラーだった0系新幹線は、1964年10月1日の東海道新幹線開業とともに営業運転を開始した。1964年は東京オリンピックが開催され、日本の経済が大きく発展した。

モノクロ特別仕様のプラレール0系新幹線は「ぼくもだいすき! たのしい列車シリーズノスタルジックTOKYO 0系新幹線」として、6月中旬に発売予定だ。東海道新幹線開業当時の記念切符を模したプラレール特製の“記念切符”付き(実際には使用できない)。希望小売価格は税抜3000円。1964年開業時の0系新幹線

《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース