トヨタグループの世界販売、22.6%減の77万9151台 2020年3月実績

トヨタ自動車は4月28日、2020年3月のダイハツ、日野を含むトヨタグループの生産・国内販売・輸出実績(速報)を発表。グローバル販売台数(含軽)は前年同月比22.6%減の77万9151台で3か月連続のマイナスとなった。

国内販売(含軽)は同4.7%減の25万9344台で6か月連続の前年割れとなった。含軽市場のシェアは44.6%で、前年と比べて2.1ポイントアップ。海外販売は同29.3%減の51万9807台で3か月連続のマイナスとなった。

グローバル生産台数は同17.6%減の78万8610台で6か月連続のマイナスとなった。国内生産は同9.4%減の38万0308台で6か月連続のマイナス。海外生産は同24.0%減の40万8302台で10か月連続のマイナスとなった。

輸出は同15.1%減の17万3529台で4か月連続のマイナスだった。

2019年度(2019年4月~2020年3月)のグローバル販売台数(含軽)は前年比1.4%減の1045万6593台で4年ぶりのマイナスとなった。国内販売(含軽)は同0.1%増の229万3837台で2年ぶりのプラス。含軽市場のシェアは45.5%で、前年と比べて1.9ポイントアップした。海外販売は同1.8%減の816万2756台で8年ぶりのマイナスとなった。

グローバル生産台数は同2.2%減の1039万8182台で4年ぶりのマイナスとなった。国内生産は同2.4%増の441万3167台で4年連続のプラス。海外生産は同5.4%減の598万5015台で、2年ぶりに前年実績を下回った。

輸出は同4.2%増の211万8242台で3年連続のプラスだった。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース