VWの世界最量販車は ティグアン---ゴルフを抜く 2019年

フォルクスワーゲングループは、SUVの『ティグアン』(Volkswagen Tiguan)が2019年、フォルクスワーゲングループおよびフォルクスワーゲンブランドの世界最量販車になった、と発表した。

ティグアンは世界的なベストセラーとなっており、新たな記録を樹立した。2020年春、ティグアンは累計生産台数600万台を突破した。2007年秋にドイツで開催されたフランクフルトモーターショー2007における初代のデビューから、およそ13年での達成となる。

また、ティグアンは2019年、合計91万0926台を生産した。これにより、ティグアンはフォルクスワーゲンブランドとグループにおいて、世界で最も売れた車になったという。モデルチェンジのタイミングにあった『ゴルフ』を、世界販売台数で上回ったことになる。

ティグアンは現在、全世界の80%の市場で購入できる。4つのタイムゾーンにまたがる世界の4つのフォルクスワーゲン工場で製造されており、ほぼ24時間体制で生産が可能だ。2019年、35秒ごとに1台が、生産ラインを離れた。

フォルクスワーゲングループは、2世代にわたって、ティグアンは世界で最も成功したSUVのひとつに発展し、この間、フォルクスワーゲンブランドとグループの生産の柱に成長した、としている。

《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース