ポルシェ タイカン、パフォーマンスカーとラグジュアリーカーで2冠…ワールドカーオブザイヤー2020

ポルシェ・タイカン・ターボS
  • ポルシェ・タイカン・ターボS
  • ポルシェ・タイカン・ターボS
  • ポルシェ・タイカン・ターボS
  • ポルシェ・タイカン・ターボS
  • ポルシェ・タイカン・ターボS
  • ポルシェ・タイカン・ターボS
  • ポルシェ・タイカン・ターボS
  • ポルシェ・タイカン・ターボS

ワールドカーオブザイヤー主催団体は4月8日、ポルシェ初のEVスポーツカーの『タイカン』(Porsche Tycan)に、「2020ワールドパフォーマンスカーオブザイヤー」と「2020ワールドラグジュアリーカーオブザイヤー」を授与すると発表した。

ワールドパフォーマンスカーオブザイヤーとワールドラグジュアリーカーオブザイヤーは、2018年秋から2019年秋にかけてデビューした新型車の中から、最も動力性能に優れるモデルと、最もラグジュアリー性に優れるモデルを選出するもの。

条件は、2020年春まで生産と販売を継続しており、世界2大陸以上で販売していること。欧州専用車、北米専用車、日本専用車などは選考対象から外される。世界20か国以上の86名のジャーナリストが、投票を行った。

2020ワールドパフォーマンスカーオブザイヤーの結果は、以下の通り。

●ポルシェ・タイカン(867点)
●ポルシェ911(809点)
●ポルシェ718スパイダー/ケイマンGT4(776点)

2020ワールドラグジュアリーカーオブザイヤーの結果は、以下の通り。

●ポルシェ・タイカン(846点)
●ポルシェ 911(786点)
●メルセデスベンツ EQC(778点)

ポルシェ初のEVスポーツカーのタイカンが、2020ワールドパフォーマンスカーオブザイヤーと、2020ワールドラグジュアリーカーオブザイヤーの2冠となった。

受賞を受けて、ポルシェのオリバー・ブルーメCEOは、「タイカンは、EVがすべてのポルシェ車を特長づけるパフォーマンス、運転する喜び、日常の快適性と使いやすさを提供できることを示すという明確な目的を持って開発された。ワールドカーオブザイヤーの審査員からの評価を、非常に誇りに思う」と、語っている。

ワールドパフォーマンスカーオブザイヤーの過去3年の結果は、ポルシェの新型『ボクスター』/『ケイマン』、新型BMW『M5』、マクラーレン『720S』が受賞した。

また、ワールドラグジュアリーカーオブザイヤーの過去3年の結果は、メルセデスベンツ『Eクラス』、アウディ『A8』、アウディ『A7スポーツバック』が受賞している。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • マツダ3 新型、2020ワールドカーデザインオブザイヤー受賞…ポルシェ タイカン を僅差で抑える 画像 マツダ3 新型、2020ワールドカーデザインオブザイヤー受賞…ポルシェ タイカン を僅差で抑える
  • キアのSUV『テルユライド』は日本車と競合するSUV…ワールドカーオブザイヤー2020受賞車 画像 キアのSUV『テルユライド』は日本車と競合するSUV…ワールドカーオブザイヤー2020受賞車
  • プジョー 208 新型、欧州カーオブザイヤー2020を受賞…上位3車種はEVに 画像 プジョー 208 新型、欧州カーオブザイヤー2020を受賞…上位3車種はEVに
  • 三菱 アウトランダーPHEV 、2020ファミリーグリーンカーオブザイヤー受賞 画像 三菱 アウトランダーPHEV 、2020ファミリーグリーンカーオブザイヤー受賞

特集

おすすめのニュース