スーパーカブから生まれた国内専用のリトルカブ 開発ストーリー

『ホンダ リトルカブ』
  • 『ホンダ リトルカブ』

『ホンダ リトルカブ』
開発物語とその魅力
編者:三樹書房 編集部
発行:三樹書房
定価:1800円+税
ISBN978-4-89522-726-1

ホンダ『スーパーカブ』直系のモデルがこの『リトルカブ』だ。国内専用モデルとして1997年に誕生。限定モデルを含めて16万台が生産された。本書はその企画からテスト、ネーミングの決定、販売に至るまでの開発他の当社の想いや、実際のオーナーの声をまとめたものである。

1995年1月ごろ、“需創”というプロジェクトが発足した。正式名称を需要創出活動といい、この目的の一つに本田技研工業が設立50周年を迎えるにあたって、さらなる国内二輪市場拡大があった。そこで市場調査をおこない、スーパーカブの様々使用実態が明らかになった。そこから見えたもののなかに、実用以外のファッション性や高齢者の姿勢変化による乗り難さの解消が求められていた。そこから生まれたのがリトルカブなのである。

本書では開発担当者らがその経緯を自ら綴っており、さらにネーミングやカラーリングの採用に至る経緯まで語られているので、リトルカブのメカニカル面だけではなく、マーケティングやデザイン面からも把握できる。また、限定車なども含めたカタログがカラーで紹介されているのも興味深い。

巻末にはリトルカブの関連年表や販売台数推移が掲載されているので、資料としても活用が出来よう。

なお三樹書房が創立45周年、グランプリ出版が創立40周年を迎えたことから、創立記念の期間限定キャンペーンとして、直接三樹書房およびグランプリ出版の購入フォーム、メール、および電話・FAXで購入を申込んだ読者を対象とし、2020年4月1日~5月31日(ご注文受付)期間中は、購入代金の金額にかかわらず、送料無料で商品をお届けする。また、注文したすべての方へ三樹書房の創立記念ボールペンがプレゼントされる。

《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

  • 新明和、航空旅客搭乗橋の完全自動装着システムを開発 画像 新明和、航空旅客搭乗橋の完全自動装着システムを開発
  • ホンダとGM、新型EVを共同開発へ…GMの次世代プラットフォームとバッテリーを活用 画像 ホンダとGM、新型EVを共同開発へ…GMの次世代プラットフォームとバッテリーを活用
  • BMWの新型燃料電池車、モーターは最大出力374馬力…2022年に市販へ 画像 BMWの新型燃料電池車、モーターは最大出力374馬力…2022年に市販へ
  • スズキ、初のマリン製品海外開発拠点をフロリダに新設 画像 スズキ、初のマリン製品海外開発拠点をフロリダに新設

特集

おすすめのニュース