プジョー 508 新型、「プジョースポール」は400馬力PHV…新たなプロトタイプの画像

スポーツ性を増したエクステリア

1.6ターボ+2モーターで0~100km/h加速4.3秒

プジョースポールがシャシーを強化

プジョー・コンセプト508プジョースポール・エンジニアードの新たなプロトタイプ
  • プジョー・コンセプト508プジョースポール・エンジニアードの新たなプロトタイプ
  • プジョー・コンセプト508プジョースポール・エンジニアードの新たなプロトタイプ
  • プジョー・コンセプト508プジョースポール・エンジニアードの新たなプロトタイプ
  • プジョー・コンセプト508プジョースポール・エンジニアードの新たなプロトタイプ
  • プジョー・コンセプト508プジョースポール・エンジニアードの新たなプロトタイプ
  • プジョー・コンセプト508プジョースポール・エンジニアードの新たなプロトタイプ
  • プジョー・コンセプト508プジョースポール・エンジニアードの新たなプロトタイプ
  • プジョー・コンセプト508プジョースポール・エンジニアードの新たなプロトタイプ

プジョーは、『コンセプト508プジョースポール・エンジニアード』(Peugeot Concept 508 Peugeot Sport Engineered)の新たなプロトタイプの画像を公開した。

プジョーは2019年3月、スイスで開催されるジュネーブモーターショー2019において、コンセプト508プジョースポール・エンジニアードを初公開した。同車は、「プジョースポール」によって開発されたハイパフォーマンス電動化ラインの製品化の前哨となるコンセプトカーだ。今後、市販が予定されるスポーティPHEVを示唆している。

プジョーは、新型『508』に電動モデルの『508ハイブリッド』を設定している。コンセプト508プジョースポール・エンジニアードは、508ハイブリッドをベースに、スタイリングと動力性能を向上させたモデルになる。

スポーツ性を増したエクステリア

エクステリアは、デザイン面でより鋭く磨き上げられ、このモデルならではのたくましさを表現する。最適な効率性を追求するためのエアロダイナミクス面での研究の成果として、フロントバンパーはよりシャープな造形になり、グリルもフローティングブレードによって、さらに精悍になった。ロッカーパネルには、フラップが付く。リアクオーターパネルには小さなフィンが付き、リアバンパーには、ディフューザーが追加されている。ドアミラーカバーは、カーボンファイバー製だ。

新たなプロトタイプでは、リア部分のボディカラーに、パールの粒子が使われ、光の当たり方によって、色調が変化する「セレニウムグレー」を使用する。一方、フロント部分には、明るいグレーを組み合わせる。ボディサイドには、ブレーキキャリパーと同じイエローが、アクセントに添えられた。20インチのアルミホイールは、細いスポークが特長の新デザインに変更されている。

1.6ターボ+2モーターで0~100km/h加速4.3秒

コンセプト508プジョースポール・エンジニアードの電動パワートレインは、プラグインハイブリッド(PHV)だ。直噴1.6リットル直列4気筒ガソリンターボ「PureTech」エンジンが、最大出力200psを獲得する。フロントとリアに置かれるモーターは、フロント側が最大出力110ps、リア側が最大出力200psを発生する。エンジンとモーターを合わせたシステム全体のパワーは400ps、トルクは51kgmで、4輪を駆動する。強力なPHVパワートレインの効果で、0~100km/h加速は4.3秒、最高速は250km/h(リミッター作動)の性能を発揮する。

バッテリー(二次電池)は、蓄電容量11.8kWhのリチウムイオンだ。EVモードでは、最大50km(WLTP計測)をゼロエミッション走行できる。CO2排出量は49g/kmとした。

プジョースポールがシャシーを強化

プジョースポールの手によって、シャシーは強化された。トレッドはフロントが24mm、リアが12mm拡大する。車高は若干低くなった。タイヤはミシュランの「パイロットスポーツ4S」で、245/35R20サイズを履く。ブレーキは、ローター径が380mmの大容量タイプとした。

インテリアは、新開発の「コンフォートフィットシート」を採用した。クリプトナイトとオニキスブラックのステッチを施したレザーとアルカンターラを組み合わせる。天井もアルカンターラ仕上げとした。ステアリングホイールは、上部と下部がフラットなデザインで、カーボン+アルカンターラ仕様だ。タッチセンシティブ式のシフトレバーにもアルカンターラを使用する。センターコンソールは、カーボンファイバー仕上げとし、ダイナミックな個性を際立たせる。

車載コネクティビティは、10インチのHDタッチスクリーンと12.3インチのヘッドアップディスプレイを装備した。プジョーの「i-Cockpit」も導入されており、ステアリングホイールをよりコンパクトにし、ドライバーの視界や足下スペースを開放できるように配慮する。ヘッドアップディスプレイは高解像度の12.3インチとし、ドライバーの目線の延長線上に、必要な情報を映し出す。

ペットに関するアンケート > こちら

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース