BMW Team Studie、SUPER GTとスーパー耐久に参戦

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、同社が2012年からサポートしてきた「BMW Team Studie」が今年、SUPER GTとピレリスーパー耐久シリーズに参戦することを発表した。

SUPER GTには、2016年、2017年、昨年同様、BMWの高性能市販モデル『M6クーペ』をベースに開発したBMW「M6 GT3」で参戦。BMW Team Studieは、総監督に郷和道、監督に鈴木BOB康昭、ドライバーに荒聖治、山口智英を起用する。

また、ピレリスーパー耐久シリーズにてBMW Team Studieは、SS/YZ Racing with StudieとTeamサントメ・プリンシペwith Studieの2チームを全面的にサポートする。SS/YZ Racing with Studieは、チーム代表に山本隆一、監督に片野田洋介、ドライバーに木下隆之、砂子塾長、鈴木宏和を起用する。Teamサントメ・プリンシペwith Studieは、チーム代表兼監督にサントメ・プリンシペ日本名誉領事の鷹野健太郎、ドライバーに眞田拓海、高橋裕史、東風谷高史を起用する。

また同日、ビー・エム・ダブリューのクリスチャン・ヴィードマン社長、BMW Mのレナート・ニグマン マネージャー、BMW Team Studieの鈴木BOB康昭監督および各チームのメンバーが登壇する、オンライン発表会動画をBMW公式Youtubeにて公開した。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース