ヤマハ XMAX、新ブランドカラー追加でバリエーション拡大へ 2020年モデル

ヤマハ XMAX ABS 2020年モデル(マットグリーニッシュグレー)
  • ヤマハ XMAX ABS 2020年モデル(マットグリーニッシュグレー)
  • ヤマハ XMAX ABS 2020年モデル(マットブルー)
  • ヤマハ XMAX ABS 2020年モデル(マットブラック)
  • ヤマハ XMAX ABS 2020年モデル(マットブラック)
  • ヤマハ XMAX ABS 2020年モデル(マットブラック)
  • ヤマハ XMAX ABS 2020年モデル(マットブラック)
  • ヤマハ XMAX ABS 2020年モデル(マットブルー)
  • ヤマハ XMAX ABS 2020年モデル(マットブルー)

ヤマハ発動機は、水冷250cc単気筒エンジンを搭載するスポーツスクーター『XMAX ABS』のカラーリングを変更し、2020年モデルとして3月25日より発売する。

XMAX ABSは、精悍な2眼ヘッドランプやブーメランをイメージしたサイドカバーといった「MAXシリーズ」のイメージを受け継ぐ上質なスタイリングに、軽快な走行性能や快適性・実用機能をバランスさせたスポーツスクーターだ。

「マットグリーニッシュグレー」は、2020年MAXシリーズのブランドカラーとして、グリーンがかったマットダークグレーを基本色とした新規性が高く洗練されたカラーリングとなっている。

「マットブルー」は現行モデルの基本色をアップデートし、上質さを向上。「マットブラック」は現行モデルの基本色を継続しつつ、ゴールドホイールなどコンポーネントカラーを刷新してアグレッシブな印象を加えた。現行の「マットシルバー」と「マットレッド」は継続販売とし、計5色のカラーバリエーションとした。

価格は65万4500円。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース