ゴードン・マレー、自動運転の小型EV発表 2-5年以内の量産目指す

ゴードンマレーデザイン社のモーティブ
  • ゴードンマレーデザイン社のモーティブ
  • ゴードンマレーデザイン社のモーティブ
  • ゴードンマレーデザイン社のモーティブ
  • ゴードンマレーデザイン社のモーティブ
  • ゴードンマレーデザイン社のモーティブ
  • ゴードンマレーデザイン社のモーティブ

有名デザイナーのゴードン・マレー氏が率いるゴードンマレーデザイン社は2月11~12日、英国ロンドンで開催された「MOVE 2020」ショーにおいて、自動運転の小型EV『モーティブ』(MOTIV)を初公開した。

モーティブは1人乗りの「ポッド」で、個人のモビリティやラストマイル配送での使用を想定している。ゴードンマレーデザイン社の「iStreamSuperlight」テクノロジーを導入し、コンパクトなシングルシーター車を設計した。ボディサイズは、全長2537mm、全幅1310mm、全高1628mm。

最大出力27hpの電気モーターを搭載し、最高速65km/hの性能を発揮する。バッテリーは蓄電容量が17.3kWh。1回の充電で、最大100km(WLTP計測)の航続を可能にする。急速充電機能を備えており、40分で最大80%のバッテリー容量を充電できる。

モーティブには、iStreamSuperlightテクノロジーを利用し、シャシー、ボディパネル、ドアなどに超軽量の高強度押し出しアルミ素材を採用する。これにより、車両重量を450kg(バッテリーを除く)以下に抑える。それでいて、欧州の乗用車の衝突安全基準に適合する。

なお、ゴードンマレーデザイン社は、モーティブを2~5年以内に大量生産することを目指す、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース