ベントレー コンチネンタルGT 新型、GPアイスレース初参戦へ

ベントレー・コンチネンタル GT 新型のGPアイスレース参戦車両
  • ベントレー・コンチネンタル GT 新型のGPアイスレース参戦車両
  • ベントレー・コンチネンタル GT 新型のGPアイスレース参戦車両
  • ベントレー・コンチネンタル GT 新型のGPアイスレース参戦車両
  • ベントレー・コンチネンタル GT 新型のGPアイスレース参戦車両
  • ベントレー・コンチネンタル GT 新型のGPアイスレース参戦車両
  • ベントレー・コンチネンタル GT 新型のGPアイスレース参戦車両
  • ベントレー・コンチネンタル GT 新型のGPアイスレース参戦車両
  • ベントレー・コンチネンタル GT 新型のGPアイスレース参戦車両

ベントレーは、2月1~2日にオーストリア・ツェルアムゼーで開催されるGPアイスレースに、新型『コンチネンタルGT』(Bentley Continental GT)で初参戦すると発表した。

2日間のモータースポーツで構成されるGPアイスレースは、1937年に開始され、2019年に復活した。このイベントには、新旧のレーシングカーやラリーカーが参戦する。600mの凍った雪上コースにおいて、さまざまな車両カテゴリーで競い合う。

新型コンチネンタルGTには、パワートレインにSUVの『ベンテイガ』譲りの新世代6.0リットルW12気筒ガソリンツインターボエンジンを搭載する。最大出力は635ps、最大トルクは91.8kgmを発生する。トランスミッションは8速デュアルクラッチ、駆動方式は4WD。動力性能は、0~100km/h加速3.8秒、最高速333km/hを実現する。

アダプティブシャシーには、48Vの「ダイナミックライドシステム」を採用した。路面状況を問わず、乗り心地やハンドリングを引き上げる。新システムでは、横方向のロールを制御することで、乗員への不快な挙動を抑えている。

GPアイスレースの参戦車両は、市販車に近い状態に保たれる。最低地上高は若干引き上げられ、トレッド幅は15mm拡大。ピレリ製の「スコーピオンアイスゼロ2」タイヤ、高性能ブレース、Akrapovic製の排気システム、スキー用の特注ラックが装備されている。このほか、レースに欠かせないロールケージ、消火システム、レーシングシート、ハーネスなどの安全装備を採用している。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース