BMW 7シリーズ 新型、2022年登場か…新開発レーザービーム採用、EVの「i7」も

BMW 7シリーズ 新型開発車両(スクープ写真)
  • BMW 7シリーズ 新型開発車両(スクープ写真)
  • BMW 7シリーズ 新型開発車両(スクープ写真)
  • BMW 7シリーズ 新型開発車両(スクープ写真)
  • BMW 7シリーズ 新型開発車両(スクープ写真)
  • BMW 7シリーズ 新型開発車両(スクープ写真)
  • BMW 7シリーズ 新型開発車両(スクープ写真)
  • BMW 7シリーズ 新型開発車両(スクープ写真)
  • BMW 7シリーズ 新型開発車両(スクープ写真)

BMWのフラッグシップ・セダン、『7シリーズ』新型の開発車両をカメラが再び捉えた。

キャッチした2台の車両は、現行型のボディをまとったテストミュールだ。しかし、その1台には「Hybrid Test Vehicle」(ハイブリッドテスト車両)のステッカーが貼られてることから、電動モデルとみられる。

またヘッドライトとテールライトにはカモフラージュが施されており、最終デザインは不明だが、新開発のレーザービーム照明技術が採用されると予想される。

今回初めて捉えたコックピットは、センターコンソール上部が布で覆われており、最新世代のインフォテイメントディスプレイが隠されている可能性が高い。残りの部分は現行型のままだが、今後、改良に着手するはずだ。

パワートレインも大きな進化をみせる。内燃機関では、3.0リットル直列6気筒ガソリンターボエンジン、及びディーゼルクワッドターボエンジン、4.0リットルV型8気筒ガソリンターボエンジンが中心となり、V型12気筒エンジンは段階的に廃止の方向だという。

代わって、3.0リットル直列6気筒ツインターボ+モーターのプラグインハイブリッドを筆頭に、初のフルEV『i7』と『i7 S』など電動化の充実がみられそうだ。i7では『i4』と共有する80kWhのバッテリーを搭載、高性能モデルi7 Sには120kWhのバッテリーを搭載し、最高出力は670hp以上、フル充電による航続距離は434マイル(約700km)と噂されている。

BMWは、2022年半ばにも現行型の生産を終了すると伝えられており、その年の初めには次世代モデルがデビューすると予想されている。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 世界最速の量産ワゴンとなるか…アルピナ B5ビターボ ツーリング、さらなる進化へ 画像 世界最速の量産ワゴンとなるか…アルピナ B5ビターボ ツーリング、さらなる進化へ
  • ポルシェ 718ケイマンGTS に6気筒モデル登場か…「GT4」エンジン流用 画像 ポルシェ 718ケイマンGTS に6気筒モデル登場か…「GT4」エンジン流用
  • ポルシェ カイエン 史上最強!? 0-100km/hまで3秒以下、800馬力の「クーペGT」登場か 画像 ポルシェ カイエン 史上最強!? 0-100km/hまで3秒以下、800馬力の「クーペGT」登場か
  • トヨタの新型SUVか?『4アクティブ』を米国で商標登録 画像 トヨタの新型SUVか?『4アクティブ』を米国で商標登録

特集

おすすめのニュース