オートカラーアウォード2019、マツダ3 と CX-30 が受賞「美しくグランプリ」[新聞ウォッチ]

気になるニュース・気になる内幕。今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析する新聞ウォッチ。…………

今年の最も魅力的なモビリティのカラーデザインは、マツダの『マツダ3』と『CX-30』に決定。日本流行色協会(JAFCA)が主催する「オートカラーアウォード2019」の表彰式が12月19日、東京・江東区の東京国際交流会館で行われた。

審査の結果、マツダのマツダ3とCX-30の「ポリメタルグレーメタリック」が「グランプリ」を受賞。「特別賞」には、日産自動車と三菱自動車が共同開発した日産『デイズ』の「ソーダブルー×アッシュブラウン」。三菱自動車『eKクロス』の「サンドイエローメタリック×ホワイトソリッド」「ナチュラルアイボリーメタリック×サンシャインオレンジメタリック」がそれぞれ選ばれた。

オートカラーアウォードは、1998年から毎年、自動車やバイクなどのモビリティの優れたカラーデザインを顕彰する制度で、アパレルメーカーなどが中心になって日本のカラーデザイン全体の向上を目指す目的で創設された。22回目となる今年は、トヨタ自動車やホンダなど国内の乗用車・二輪車メーカー11社がエントリー、12のデザイン19車種がノミネートされた。

審査方法はデザイナーなどの有識者による3人の審査委員のほか、各メーカーから選出された分科会審査員、それに一般ユーザーの審査員がそれぞれグランプリにふさわしい車種を投票するもので、カラーデザインの企画、発想が優れ、他業種の手本や市場に影響を与えたかなどを厳選に審査する。

マツダが今年エントリーしたカラーデザインのテーマは「質感とコーディネーションの妙」だったが、2位のトヨタの『RAV4』、3位のダイハツ工業『ロッキー』などにも大差をつけてのグランプリを受賞。「美しく走る」というキャッチコピーがデザインの専門家たちにも認められたことにもなる。

2019年12月20日付

●トランプ大統領弾劾裁判へ、米下院訴追、史上3人目(読売・1面)

●ホンダ二輪車4億台(読売・10面)

●高齢ドライバーに免許更新試験、不合格は更新認めず、道交法改正案、事故・違反歴ある人対象(読売・1面)

●「ヤリス」ヴィッツより高め(朝日・9面)

●中国新車販売3年連続減か、20年見通し(毎日・6面)

●自動車・建築検査にAI成長戦略中間報告(日経・5面)

●タイ自動車生産22%減、11月、7か月連続マイナス(日経・13面)

●曙ブレーキ、米2工場を来年閉鎖(日経・15面)

●中印勢台頭、トラック再編、いすゞ・ボルボ提携(日経・16面)

●80年代の二輪車エンジン、環境規制対応、新興国に、スズキや川重が再投入(日経・17面)

《福田俊之》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース