トヨタ RAV4プライム は加速力が売りのパフォーマンスPHV…ロサンゼルスモーターショー2019[詳細画像]

トヨタ RAV4プライム(ロサンゼルスモーターショー2019)
  • トヨタ RAV4プライム(ロサンゼルスモーターショー2019)
  • トヨタ RAV4プライム(ロサンゼルスモーターショー2019)
  • トヨタ RAV4プライム(ロサンゼルスモーターショー2019)
  • トヨタ RAV4プライム(ロサンゼルスモーターショー2019)
  • トヨタ RAV4プライム(ロサンゼルスモーターショー2019)
  • トヨタ RAV4プライム(ロサンゼルスモーターショー2019)
  • トヨタ RAV4プライム(ロサンゼルスモーターショー2019)
  • トヨタ RAV4プライム(ロサンゼルスモーターショー2019)

『RAV4』にプラグインハイブリッド車(PHV)が設定されるのは、今回が初めて。その名は『RAV4プライム』だ。「プリウス」のPHVは、すでに米国市場に『プリウス・プライム』の車名で投入されている。新型RAV4のPHVもこれに倣い、RAV4プライムの車名で米国市場へ投入される。

PHVパワートレインは、「RAV4ハイブリッド」の直噴2.5リットル直列4気筒ガソリンアトキンソンサイクルエンジン(最大出力176hp、最大トルク22.5kgm)に、強力なモーターを組み合わせたもの。PHVシステム全体で、302hpのパワーを引き出す。この数値は、新型RAV4ハイブリッドの219hpに対して、83hpの上乗せとなる。

0~96km/h加速は5.8秒で駆け抜ける。新型RAV4ハイブリッドの0~96km/h加速7.8秒に対して、2秒の短縮を果たした。0~96km/h加速5.8秒は、先代RAV4の米国仕様に用意されていた3.5リットルV型6気筒ガソリンエンジン(最大出力269hp)搭載車の6.3秒を、0.5秒短縮するものだ。トヨタによると、RAV4プライムはRAV4史上、最強かつ最速という。

EVモードでは、最大62kmをゼロエミッション走行できる。また、大容量バッテリーの利点を生かして、災害時に役立てるよう、駆動用電池に蓄えた電力を最大1500Wの出力で家電などへ供給できる外部給電機能を採用している。

《ショーカーライブラリー》

編集部おすすめのニュース

  • マスタングが電動スポーツSUVに進化!フォード マスタング・マッハE…ロサンゼルスモーターショー2019[詳細画像] 画像 マスタングが電動スポーツSUVに進化!フォード マスタング・マッハE…ロサンゼルスモーターショー2019[詳細画像]
  • ホンダ CR-V ハイブリッド に2020年型、ロサンゼルスモーターショー2019で発表へ 画像 ホンダ CR-V ハイブリッド に2020年型、ロサンゼルスモーターショー2019で発表へ
  • マツダ CX-5 に2020年型、2.5ターボがトルク向上…ロサンゼルスモーターショー2019で発表予定 画像 マツダ CX-5 に2020年型、2.5ターボがトルク向上…ロサンゼルスモーターショー2019で発表予定
  • マツダ6 に2020年モデル、ロサンゼルスモーターショー2019で発表へ 画像 マツダ6 に2020年モデル、ロサンゼルスモーターショー2019で発表へ
  • 一枚岩ではないSUV! 流行りに流されない個性にあったクルマ選び…RAV4、CX-5、エクリプスクロス 画像 一枚岩ではないSUV! 流行りに流されない個性にあったクルマ選び…RAV4、CX-5、エクリプスクロス

特集

おすすめのニュース