トヨタブースは「モビリティのテーマパーク」、展示から体感へ…東京モーターショー2019予定

東京モーターショー2019 トヨタ自動車ブース イメージ
  • 東京モーターショー2019 トヨタ自動車ブース イメージ
  • トヨタ自動車が東京モーターショー2019に出展予定の新モビリティ
  • トヨタ自動車が東京モーターショー2019に出展予定の新モビリティ
  • トヨタ自動車が東京モーターショー2019に出展予定の新モビリティ
  • トヨタ自動車が東京モーターショー2019に出展予定の新モビリティ
  • トヨタ自動車 e-Palette東京2020オリンピック・パラリンピック仕様
  • トヨタ自動車 e-Palette東京2020オリンピック・パラリンピック仕様
  • トヨタ自動車 e-Palette東京2020オリンピック・パラリンピック仕様

トヨタ自動車は10月11日、東京モーターショー2019に出展するトヨタブースのコンセプトを公表した。それによると、『プレイ・ザ・フューチャー』をテーマに、従来の自動車展示型から体感型へと「大きくモデルチェンジ」するという。

トヨタのモーターショー担当者は「今年のトヨタブースは展示型から体感型へと大きくモデルチェンジしている。プレイ・ザ・フューチャーをテーマとし、エンタテイメント要素満載のモビリティのテーマパークとして生まれ変わる」と述べた。

具体的には「トヨタブースでは未来人がお客様をお出迎えし、未来の世界へと誘う。そしてブースの中では未来のモビリティに実際に見て触れて乗って頂き、未来の空間を存分に楽しんで頂きたい。さらにヒト、モビリティ、映像のコラボレーションが生み出す未来のエンタテイメントショーも開催する。老若男女、世代を問わず様々なお客様に楽しんで頂けるよう数々のエンタテイメントを用意している。これまでの自動車の展示にとどまらない生まれ変わったトヨタブースをお楽しみ頂きたい」とのことだ。

トヨタはすでに東京モーターショー2019のトヨタブースで、東京オリンピック・パラリンピックで使われる自動運転車『e-Palette東京2020オリンピック・パラリンピック仕様』を一般公開することを明らかにしているが、このほかにも新たなモビリティコンセプトが用意されている。

詳細は明らかにしていないが、このほど報道陣に公開されたモビリティは高さ1mほどの縦長で、モノを収納できるようなケースを備え、6輪で自律走行する。側面に備える電光掲示には『Micro Palette』の文字が表示されていた。

《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

特集