ドコモなど、横浜MaaS「AI運行バス」実証実験を都心臨海部で開始へ

交通サービス機能の概要
  • 交通サービス機能の概要
  • 検証ポイント
  • AI運行バス
  • 乗り換えポイント
  • 結果の主なポイント
  • 交通サービス機能の概要
  • 集客サポートツールの活用イメージ
  • 日本版MaaSと「AI運行バス」の位置付け

NTTドコモは、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)および横浜市と共同で、横浜MaaS「AI運行バス」実証実験を10月10日から20日まで横浜都心臨海部にて実施する。

AI運行バスは利用者がスマートフォンアプリやWebサービスを操作して乗車を予約。膨大な乗車予約に対し、AIがアルタイムに最適な配車を決定することで、利用者は時刻表に縛られることなく乗車・移動できる。また、地域の店舗や商業施設、イベント主催者などが各種情報や集客用のクーポンを配信できる機能もワンパッケージとして提供。利用者はお得な情報や行きたい場所、やりたいことを見つけ、現在地からスムーズに移動できる。

AI運行バスの実証実験は2018年度も行っており、10月5日から12月10日の期間中、最大15台の定員4~6人の車両で技術検証を実施。国内外からの来街者や居住者、勤務者など、合計約3万4000人を輸送した。オンデマンド乗合交通が都市部でも高いニーズがあることを立証するとともに、膨大な乗車リクエストに対してリアルタイム配車を実現するAI運行バスの高い技術性能や、回遊性向上につながる検証結果を確認した。

2019年度は、検証第1弾として、10月10日から20日の11日間に、みなとみらい21、関内エリア周辺で、スマートフォンで専用サイトからダウンロードしたアプリなどを用いて、観光施設やグルメスポット、イベント情報を検索し、検索結果から直接AI運行バスを予約して回遊できる実証実験を実施する。

実証実験を通して、高需要ルートに限定した定員11人以上の大型車両の運行、2017年度に「AIタクシー」で実用化したリアルタイム移動需要予測技術の活用による効率性とサービス性に関する性能を検証。また、車いすの人にも不便なく利用してもらうよう、予約画面の改善や乗車定員と乗降所要時間を考慮した配車制御といったユニバーサルデザインの検証や、250を超える商業施設などとの連携による集客サポート機能の検証なども実施する。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • 埼玉工業大学、自動運転バス体験試乗会開催へ---日野リエッセII にAIを実装 9月28日 画像 埼玉工業大学、自動運転バス体験試乗会開催へ---日野リエッセII にAIを実装 9月28日
  • AI制御自動運転バスを埼玉工業大学が国内で初めて開発、年6台の販売をめざす 画像 AI制御自動運転バスを埼玉工業大学が国内で初めて開発、年6台の販売をめざす
  • AIがルートを決めるオンデマンドバス、西鉄バスが運行 画像 AIがルートを決めるオンデマンドバス、西鉄バスが運行

特集

おすすめのニュース