アルファロメオ ステルヴィオ/ジュリア、燃料計誤表示のおそれ リコール

FCAジャパンは9月27日、アルファロメオ『ステルィオ』および『ジュリア』のボディコントロールモジュールに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは、2017年8月21日~2019年7月23日に製造された1535台。

ボディコントロールモジュールのプログラムが不適切なため、燃料残量を過大認識し、メーターパネルの燃料計が正しく表示されないことがある。そのためドライバーが燃料残量を誤認し、燃料切れでエンジンが停止するおそれがある。

改善措置として、全車両、ボディコントロールモジュールのプログラムを対策プログラムに書き換える。

不具合および事故は起きていない。本国からの情報によりリコールを届け出た。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース