VW ゴルフ 新型、ワゴンの「ヴァリアント」も設定へ

フォルクスワーゲンは9月25日、新型『ゴルフ』(Volkswagen Golf)に、ワゴンの「ヴァリアント」を設定すると発表した。

ゴルフは、フォルクスワーゲンの主力車種だ。初代ゴルフは1974年に発表され、世界のコンパクトカーのベンチマーク的存在となった。新型ゴルフは8世代目モデルだ。2019年、フォルクスワーゲンは複数の新車を発表する計画だが、そのハイライトのひとつが新型ゴルフになる。

新型ゴルフは、ハッチバックが今秋、ワールドプレミアされる予定だ。遅れて、ワゴンのヴァリアントが設定されることが確定した。

現行ゴルフ ヴァリアントは2016年秋、欧州で改良新型が発表されている。小型ボディに実用性の高い荷物スペースを持つ。なお、フォルクスワーゲンは、新型ゴルフヴァリアントの生産を、ドイツ・ヴォルフスブルク本社工場で行う、としている。

《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース