アイシンAW、LINEカーナビをトヨタ自動車などと共同開発…カローラ 新型からサービス

車のディスプレイと連携し、音声対話により走行中も安全にナビゲーション操作が可能
  • 車のディスプレイと連携し、音声対話により走行中も安全にナビゲーション操作が可能
  • LINEカーナビ
  • トヨタ・カローラ新型
  • トヨタ・カローラ新型

アイシン・エイ・ダブリュは、トヨタ自動車およびLINEと新作アプリ「LINEカーナビ」を開発したと発表した。

LINEカーナビは、スマートフォン単体で動作するほか、9月17日発売の新型『カローラ』より、車のディスプレイと連携したサービスを開始した。

同アプリは、LINEのAIアシスタント「Clova」を車内で利用でき、ドライブ中でも音声操作による目的地の検索・設定などができる無料カーナビアプリ。さらに、車載機器とスマートフォンを連携するSDL(Smart Device Link)に対応することで、車のディスプレイに表示し、カーナビゲーションとして使用することもできる。

アイシン・エイ・ダブリュは、同社がこれまでカーナビゲーションシステムの開発で培ってきたナビ案内・位置情報活用技術を活かし、走行中の車両から収集した交通状況を元に算出したルートや、目的地までの正確な所要時間を提供。また、地図のアップデートについては、高速・有料道路は最短で即日(平均10日程度)で更新し、新しい道路情報で快適なドライブをサポートする。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集