トヨタ ランドクルーザー、累計販売台数1000万台突破 68年で達成[ヒストリー]

BJ型(1951年)
  • BJ型(1951年)
  • 50年以上経っても現役の40系(UAEの漁村)
  • コスタリカのニンジン収穫風景
  • 20系(1955年)
  • 40系(1960年)
  • 55系(1967年)
  • 60系(1980年)
  • 70系(1984年)

トヨタ自動車は、『ランドクルーザー』シリーズのグローバル累計販売台数が1000万台を突破したと発表した。1951年8月1日の『トヨタジープBJ型』発売以降、68年間での達成で、ランドクルーザーはトヨタで最も長い歴史を持つロングセラーカーでもある。

ランドクルーザーは、初代発売から4年後の1955年11月に投入した20系で本格的な輸出を開始。以降も「信頼性、耐久性、悪路走破性」を犠牲にせず顧客ニーズに応えるクルマづくりを一貫して続けることで、世界中から多くの支持を受け、当初年間100台にも満たなかった輸出台数は、10年後の1965年には1万台を超えるようになった。現在では約170の国と地域で販売しており、年間グローバル販売台数は約40万台にのぼる。

ランドクルーザーはグローバルでトヨタブランドの信頼性を高めることに大きく貢献し、トヨタの輸出拡大の足掛かりとなった。またその信頼性、耐久性の高さから製造から50年以上経ったランドクルーザー40系が、未だに現役で活躍している地域も存在する。

またランドクルーザーは、仕事、生活を営むための心強い相棒として、世界各地で活躍している。アフリカでは、マラリアに罹った子どもを病院に移送したり、ウガンダの難民キャンプでは診療所に患者を運んだり、人道支援の面でも活躍。オーストラリアでは、亜鉛、銅鉱山の地下1600メートルの坑内の移動車として、また広大な牛放牧牧場で牛の追い込みに使われる車も存在する。中米コスタリカでは、標高3500メートルの急斜面でニンジンの収穫の足として活躍。ランドクルーザーがないと生活が成り立たない場所が地球上にはまだまだたくさん存在している。

トヨタ自動車では、そんなランドクルーザー68年の歴史やその活躍ぶりを紹介する特設サイトを開設している。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • レクサス GX、ランクル プラド 兄弟車に2020年型…新スピンドルグリルで表情一新 画像 レクサス GX、ランクル プラド 兄弟車に2020年型…新スピンドルグリルで表情一新
  • アルパイン、ツィーターが自動昇降する ランクルプラド 専用3ウェイスピーカー発売へ 画像 アルパイン、ツィーターが自動昇降する ランクルプラド 専用3ウェイスピーカー発売へ
  • ジープ ラングラー に限定車、オリジナルパーツでプレミアム感向上 画像 ジープ ラングラー に限定車、オリジナルパーツでプレミアム感向上

特集

おすすめのニュース