【マツダ CX-30】丸本社長「ブランドをけん引しマツダを支える柱に」

マツダCX-30発表
  • マツダCX-30発表
  • マツダCX-30発表
  • マツダCX-30
  • マツダCX-30
  • マツダCX-30
  • マツダCX-30
  • マツダCX-30
  • マツダCX-30

マツダは9月20日、東京都内で新型クロスオーバーSUV『CX-30』の発表会を開き、同日から予約受注を始めた。2.0リットルのガソリン(SKYACTIV-G)と1.8リットルのディーゼル(SKYACTIV-D)搭載車は10月24日に売り出す。

エンジン仕様はこのほか、マツダの独自技術であるSPCCI(火花点化制御圧縮着火)による2.0リットルのガソリン(SKYACTIV-X)も揃え、こちらは2020年1月中に発売する。5月に販売を始めた『MAZDA3』(マツダ3)に続く「新世代商品群」の第2弾となる。

CX-30のプラットフォーム(車台)はマツダ3と同じで、同社のSUVでは『CX-3』と『CX-5』との中間を埋め、世界的にも量販ゾーンの車格となる。CX-3は独身者やシニア層など幅広い顧客を獲得しているが、CX-30ではヤングファミリー層を主なターゲットとしていく。価格(10%の消費税込み)は239万円台から371万円台で、月間2500台の販売を計画している。

今月からは日本に先立ち、欧州でも受注を始めており、今後は北米などにも展開する。発表会で丸本明社長はCX-30について「基幹車種のひとつであるCX-5に続き、ブランドをけん引し、今後のマツダを支えていく柱のひとつと位置付けている」と、中核商品として育成する考えを表明した。

販売では「これまで接点がなかったお客様も含め、(CX-30で)広くマツダ独自の価値をご体験いただきたい」と述べ、新規顧客を獲得する戦略モデルとする意向も示した。記者団からの、CX-5など他のSUVとの自社内競合が懸念されるのではとの質問には「新しいモデルを出すことによる成長の方が大きくなるし、その自信はある」と述べた。

また、国内外で迅速な供給体制を築くため、「国内に続き今月にはメキシコ工場での生産を始める。その後順次、グローバルでの生産をスタートさせる」との方針も示した。2021年に稼働する米国工場での生産の可能性については、言及を避けた。

《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集