【マツダ3 新型試乗】セダンの価値を改めて問う、その“凜”とした佇まい…高山正寛

出来の良さはファストバックを超える?

後席快適性と実用性も魅力

悩み多きオーディオ選び、それでもBOSEは凄かった!

マツダ3 新型 セダン
  • マツダ3 新型 セダン
  • マツダ3 新型 セダン
  • マツダ3 新型 セダン
  • マツダ3 新型 セダン
  • マツダ3 新型 セダン
  • マツダ3 新型 セダン(1.8 SKYACTIV-D)
  • 1.8L SKYACTIV-D
  • 1.8L SKYACTIV-D

出来の良さはファストバックを超える?

ファストバックと共に用意されたもう1台の試乗車はセダンのスカイアクティブD搭載モデル。さらに言えば珍しいAWD仕様車だ。

発表前にディザーサイトなどで確認した時はやはりインパクトがあったのはファストバックだったが、セダンの実車を見て驚いた。これは久々のイケてるセダンデザインだと。

ご承知の通り、国産セダンの市場縮小は今に始まったことではないが、SUVや軽自動車に押されているのも「良いデザインの国産セダンが無いから」という部分も否定できない。

実質の旧型であるアクセラの場合、セダンとスポーツはリアドアまでは共有していた。それがダメというわけではないが、リアエンドへの伸びやかさはやや物足りない印象を持っていた。

しかし新型は全長がファストバックより200mm長く、ルーフからトランクリッドに続くライン、さらにサイドの断面の大胆さなども見ていて飽きない。停車状態でも“凜”とした佇まいにちょっと惚れてしまうほどだ。

後席快適性と実用性も魅力

ファストバックに設定される「バーガンディセレクション」を除けば前席の基本造型は共通だ。一方後席に関してはホイールベースも同じなので前後の座席間の距離、言い換えれば足元周辺の広さも変わらない。ただセダンは後席脇のサイドウインドウの面積が大きいことも手伝って視覚的にも広く感じる。また後席はドアの大きさも含めた開口部が広く、セダンの方が楽に乗降できると感じた。

実用性という点ではラゲッジルームの違いはセダンに大きく軍配が上がる。何でも大きければ良いというわけではないし、ファストバックも実用性は十分確保されている。それでも後席を立てた状態でファストバックが334リットルなのに対し、セダンは450リットル。特に奥行きに関してはセダンが1mを超える(筆者による実測)ことによりゴルフバッグはもちろん多彩な荷物の積載に対応できる。もちろんファストバック同様、6:4の分割機構付き。一番良かったのはトランクから簡単にシートバックを倒すことができる操作ノブが付いていた点だ。

マツダ3新型セダン

もうワンパンチ欲しい!

搭載する1.8リットル直4クリーンディーゼルはすでに『CX-3』に搭載済み。基本的なスペックも同じだ。ただ正直に言えば、CX-3が1.5リットルから1.8リットルに変わった際のフィーリングの向上のような感動は少ない。特に極低速域からのトルクの細さなどはストップ&ゴーの多かった都内での走りではもう少しピリッとしない。

これがFFならば車両重量も60g軽く、CX-3のAWD車同士で比較すると約100kg増となってしまう。単純に数字だけの問題ではないかもしれないが、ここまでの感じで言えばアクセラに搭載されていた2.2Lディーゼルを搭載したほうがスポーティさ、という点ではマッチングが良いかもしれない。

もちろんもしこの2.2リットルエンジンが搭載されたら後から追加される話題の「スカイアクティブX」の立場が無いかも……とか余計な心配をしてしまうのだが、それでももう少しピックアップの良さは欲しい。

1.8L SKYACTIV-D

一方で「パワートレーンの不足分は足回りでカバーする」と言ったら失礼だが、ファストバック同様ハンドリングは見事である。基本的なフィーリングも「GVC Plus」やサスペンションの最適化により装着されるタイヤの性能を上手く引き出している印象だ。高速走行時におけるレーンチェンジ時の収まりの良さもこれまでの国産セダンのレベルとはひと味違う。

新開発の純正オーディオ、これはこれで素晴らしい

デザイン、質感、走り、のほかに今回注目を集めているのが「純正オーディオ」だ。ぶっちゃけ、過去のクルマ作りを見るとコストダウンの要求に対し、モロに標的にされるのが電装系、特にオーディオ周りである。

新たに設定された「マツダ・ハーモニック・アコースティックス」と呼ばれるシステム。その実力はこれまでの常識を打ち破る実力だ。パイオニアとの協業で生まれたこのシステム、3ウェイ方式による8スピーカー構成、スピーカーの配置自体を変更し音像定位をしっかり出しつつ、さらに共振なども抑え込んでいる。

元々高い静粛性を実現していることからも、このシステムとの相性は良いはずだが、ノーマル状態でも定位がほぼマツコネのモニター上あたりに取れており、自然なフィーリングだ。さらに「ドライバーモード」による音場の作り込み、またもっと音を突き詰めたい人には13バンドのグラフィックイコライザーまで搭載する。

正直言えば、これまでのマツダ車の場合は「まずメーカーオプションのBOSEを選択せよ!」とオススメをしてきたが(デミオ&MAZDA2は設定無し)、もし予算が許さないのであれば良い意味で“妥協”できる。つまり純正のままでも十分楽しめる点は大きな魅力と言える。

マツダ3 新型 セダン

■5つ星評価(セダン)
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★

高山正寛│ ITS Evangelist(カーナビ伝道師)/カーコメンテーター/AJAJ会員
1959年生まれ。自動車専門誌で20年以上にわたり新車記事&カーAVを担当しフリーランスへ。途中5年間エンターテインメント業界でゲーム関連のビジネスにも関わる。カーナビゲーションを含めたITSや先進技術、そして昨今ではセキュリティ関連の事象を網羅。ITS EVANGELIST(カーナビ伝道師)として純正/市販/スマホアプリなどを日々テストし布教(普及)活動を続ける。またカーナビのほか携帯電話/PC/家電まで“デジタルガジェット”に精通、そして自動車評論家としての顔も持つ。

《高山 正寛》

編集部おすすめのニュース

  • 【マツダ3 新型試乗】五感に訴える容姿、走り、そして音…高山正寛 画像 【マツダ3 新型試乗】五感に訴える容姿、走り、そして音…高山正寛
  • 【VW ゴルフTDI 新型試乗】満を持して?今更?とにかく完成度は抜群なゴルフディーゼル…中村孝仁 画像 【VW ゴルフTDI 新型試乗】満を持して?今更?とにかく完成度は抜群なゴルフディーゼル…中村孝仁
  • 【日産 スカイライン 新型試乗】プロパイロット2.0は「使える」のか?見えない部分の進化とは…岡本幸一郎 画像 【日産 スカイライン 新型試乗】プロパイロット2.0は「使える」のか?見えない部分の進化とは…岡本幸一郎
  • 【ホンダ N-WGN 新型試乗】「N-BOXに勝つ必要がない」からできた上質感と“らしさ”…まるも亜希子 画像 【ホンダ N-WGN 新型試乗】「N-BOXに勝つ必要がない」からできた上質感と“らしさ”…まるも亜希子

特集