ボッシュ、電動車向け48Vバッテリーを共同開発へ…CATLと戦略的提携

ボッシュ(Bosch)は9月5日、CATL(コンテンポラリー・アンペレックス・テクノロジー)との間で長期的な戦略的提携を締結し、電動車向けの48ボルトバッテリーを共同開発すると発表した。

CATLは、世界有数のリチウムイオンバッテリー企業だ。今回の戦略的提携により、CATLはボッシュ向けにバッテリーセルを設計、開発、製造する。ボッシュはこのセルを、ボッシュの48ボルトバッテリーで使用する。

このバッテリーは、48ボルトの電動パワートレインシステムの中核技術のひとつになるという。すでに多くの自動車メーカーが、ボッシュの48ボルトバッテリーを採用している。ボッシュの48ボルトシステムは、48ボルトバッテリーだけでなく、DC / DCコンバーターなど、他のシステムコンポーネントにも拡大している。ボッシュは48ボルト技術により将来、手頃な価格で電動化を実現することを目指している。

48ボルトの電動パワートレインでは、エンジンをサポートする電気モーターを、48ボルトのバッテリーの電力で駆動する。バッテリーには、減速中のエネルギーが回収され、充電される。これにより、燃費を最大15%削減できるという。

48ボルトソリューションの市場は、世界中で成長している。ボッシュは2025年までに、世界中の新車のおよそ20%が、48ボルトシステムや48ボルトバッテリーを搭載すると予想する。とくに欧州と中国では、48ボルトシステムの需要が高まっている、としている。

《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース