お盆期間の高速道路、交通量・10km以上の渋滞ともに減少

(イメージ)
  • (イメージ)

NEXCO3社と本州四国連絡高速道路は8月19日、お盆期間(8月8~18日)における高速道路および国道の交通状況(速報値)を発表した。

それによると、全国の高速道路の主な区間の単純平均から算出した、お盆期間中の交通量は前年比1.4%減の4万7600台/日。最大日交通量は同0.7%減の5万8600台/日だった。

高速道路における10km以上の渋滞は476回で、昨年に比べ22回減少。内30km以上の渋滞は3回減の40回だった。渋滞の最長は、8月12日10時55分頃、中央道下り線・上野原インターチェンジ付近で交通集中および事故により発生した48.5kmだった。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • AIを活用して近未来の渋滞予測情報を提供 NTTデータが実証実験を実施 画像 AIを活用して近未来の渋滞予測情報を提供 NTTデータが実証実験を実施
  • 東八道路/放射第5号線開通で渋滞緩和、ナビタイムが交通ビッグデータを活用して分析 画像 東八道路/放射第5号線開通で渋滞緩和、ナビタイムが交通ビッグデータを活用して分析
  • NAVITIME APIのカーナビ・プローブ情報、渋滞回避の実証実験に提供 画像 NAVITIME APIのカーナビ・プローブ情報、渋滞回避の実証実験に提供
  • NEXCO中日本、AI活用による渋滞予測技術の開発に着手 画像 NEXCO中日本、AI活用による渋滞予測技術の開発に着手

特集

おすすめのニュース