ホンダ新型EVクーペを開発か…特許を申請、そのデザインとは

ホンダe 2ドアクーペ(予想CG)
  • ホンダe 2ドアクーペ(予想CG)
  • ホンダ スポーツEV コンセプト(東京モーターショー2017)
  • ホンダ スポーツEV コンセプト(東京モーターショー2017)
  • ホンダ スポーツEV コンセプト(東京モーターショー2017)
  • ホンダ e の最新プロトタイプ(グッドウッド2019)
  • ホンダ e の最新プロトタイプ(グッドウッド2019)
  • ホンダ e の最新プロトタイプ(グッドウッド2019)
  • ホンダ e の最新プロトタイプ(グッドウッド2019)

ホンダは、「グッドウッドフェスティバルオブスピード2019」にて新型EV『ホンダe』の最新プロトタイプを初公開、そのスペックを公表したばかりだが、そのクーペ版と言えそうな2ドアEVスポーツが開発されている可能性が高いことがわかった。

ホンダは2017年の東京モーターショーにて、EVクーペ『スポーツEVコンセプト』を発表した。丸眼ヘッドライトにロングノーズ&ショートデッキを持つレトロチックな2ドアEVクーペだが、そのデザインを継承するモデルとなりそうで、ホンダはすでに特許画像を申請していることがわかった。

スクープサイトSpyder7では、その流出画像をベースに市販型予想CGを制作した。

ヘッドライト、ホイールなど所々のパーツは「ホンダe」と共有する可能性もありそうだ。フロントエンドは、グリルデザインをよりスポーツ性を強調させたシャープなデザインとなり、バンパー部分は両端に切れ込みを入れることで立体的な印象に。フロント、リアのハウス部分は大胆とも言える大きな膨らみを持つ。スポーツバージョンであるための走りのイメージが強調され、ミッドシップ風ボディスタイルが特許画像からも確認できている。

スペックは不明だが、「ホンダe」の150psを大きく超える可能性もある。またこのボディスタイルなら、「タイプR」をイメージさせるスポーツモデルが設定される可能性もありそうだ。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

編集部おすすめのニュース

特集