メルセデスベンツ GLB に最強のAMG「GLB45」登場!開発車両から見える実力とは

メルセデス AMG GLB45 スクープ写真
  • メルセデス AMG GLB45 スクープ写真
  • メルセデス AMG GLB45 スクープ写真
  • メルセデス AMG GLB45 スクープ写真
  • メルセデス AMG GLB45 スクープ写真
  • メルセデス AMG GLB45 スクープ写真
  • メルセデス AMG GLB45 スクープ写真
  • メルセデス AMG GLB45 スクープ写真
  • メルセデス AMG GLB45 スクープ写真

メルセデスベンツ『GLB』の頂点に設定される『AMG GLB45』市販型プロトタイプを、これまででもっとも軽いカモフラージュ姿でカメラが捉えた。

GLBは、『GLA』と『GLC』の間に設定されたSUVとされるが、『Gクラス』から継承されるボクシーなスタイルから、ブランド最小オフローダーと言える。

捉えたAMGモデルのプロトタイプは、ベースモデルと同じグラフィックを持つヘッドライト、ドアパネル、リアクォーターウィンドウ、テールライトが完全に露出しているほか、専用のサイドシル形状も確認できる。

カモフラージュされたフロントエンドには、大型のコーナーエアインテークやAMG最強の証である「パナメリカーナ」グリルが装着され、ダミーのエキゾーストパイプは市販型では4本出しとなるだろう。

ローダウンされたボディには、以前と異なるホイール、ミシュラン製「Pilot Sport3」タイヤを装着、アップグレードされたブレーキやサスペンションを装備するとみられる。

GLBのパワートレインは、エントリーモデルに最高出力163psを発揮する1.4リットル直列4気筒ターボエンジン、上位モデルには最高出力224psを発揮する2.0リットル直列4気筒ターボエンジンをラインアップ。また『AMG GLB35』は、最高出力302psを発揮するが、このAMG GLB45では最高出力が389psまで高められる可能性があり、0-100km/h加速は5秒の壁を簡単に超えるはずだ。また『AMG A45』にはドリフトモードが搭載されるが、GLB45に搭載されるかは不明だという。

ワールドプレミアは、AMG GLB35が2019年内、AMG GLB 45は2020年以降が有力とされている。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

編集部おすすめのニュース

特集