フェラーリ、新型ハイブリッドスーパーカーを5月末に発表へ… ラ・フェラーリ 後継か

ラ・フェラーリ(参考画像)
  • ラ・フェラーリ(参考画像)
  • ラ・フェラーリ(参考画像)
  • ラ・フェラーリ(参考画像)
  • ラ・フェラーリ(参考画像)
  • ラ・フェラーリ(参考画像)

フェラーリは、2019年第1四半期(1~3月)の決算発表において、新型スーパーカーを5月末、イタリア・マラネロで初公開すると発表した。

フェラーリは2019年、5つのニューモデルの発表を予定している。その第1弾が、3月にスイスで開催されたジュネーブモーターショー2019で初公開された『F8トリブート』だ。同車は、『488GTB』の後継モデルに位置づけられる。

5月末にフェラーリの本拠地、イタリア・マラネロで発表される予定の新型スーパーカーは、このF8トリブートに続く2019年のニューモデルの第2弾だ。フェラーリのルイス・カミレリCEOによると、フェラーリのラインナップの最高峰に位置し、パワートレインはハイブリッドになるという。

フェラーリ初の市販ハイブリッド車が、2013年に発表された『ラ・フェラーリ』だ。6262ccのV型12気筒ガソリンエンジン(最大出力800ps)に、フェラーリのハイブリッドシステム「HY-KERS」から、モーターの最大出力163psが加わり、システム全体で963psのパワーを獲得。0~100km/h加速3秒以下、最高速350km/hオーバーと、世界屈指の性能を備えていた。同車はすでに、世界限定499台の生産を終えている。

5月末に発表予定の新型スーパーカーは、このラ・フェラーリの後継モデルになりそうだ。ルイス・カミレリCEOは新型スーパーカーについて、「スーパーカーの性能と真の美しさを兼ね備えたモデルになる」、と明らかにしている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集