【ボルボ V60クロスカントリー 新型試乗】通年で使いこなせる実力の持ち主…島崎七生人

エステートの実用性の高さにCCの機動性をプラス

V60のキャラはそのままに

洗練されたガソリンエンジン

ボルボ V60 CROSS COUNTRY T5 AWD PRO
  • ボルボ V60 CROSS COUNTRY T5 AWD PRO
  • ボルボ V60 CROSS COUNTRY T5 AWD PRO
  • ボルボ V60 CROSS COUNTRY T5 AWD PRO
  • ボルボ V60 CROSS COUNTRY T5 AWD PRO
  • ボルボ V60 CROSS COUNTRY T5 AWD PRO
  • ボルボ V60 CROSS COUNTRY T5 AWD PRO
  • ボルボ V60 CROSS COUNTRY T5 AWD PRO
  • ボルボ V60 CROSS COUNTRY T5 AWD PRO

エステートの実用性の高さにCCの機動性をプラス

“ツインエンジン”を除くエステートの『V60』はこれまでT5のFWDのみの設定だった。そのラインアップに加わった『V60クロスカントリー(以下、CC)』は“T5のAWD”であるところが特徴で、アクティブな方への新提案(ボルボ)となるモデルである。

最大の特徴は最低地上高を210mm確保した上で、全高を1505mmに抑えている点。上位モデルの『V90CC』と較べると最低地上高は共通の数値でCCならではだし、全高は1545mmの『V90CC』より40mm低く、これは駐車場などでの利便性を高めてくれる……という訳だ。

今さら説明するまでもないが、エステートの実用性の高さにCCの機動性の高さがプラスされた、通年でクルマを使いこなす生活スタイルをもつユーザーにふさわしい選択肢である。

V60のキャラはそのままに


……と、そんな試乗車にいつものようにオーナーになりすまして(!?)乗ってみた。すると試乗時間枠の範囲ながら実感できたのは、『V60』の颯爽とした走りの“キャラ”はそのままということ。T5同士で較べると“CC分”の車重差は+110kgほどで、当然、重心高も上がっている。けれど山道を走るような場面でのクルマの挙動は自然なもので、AWDによるトラクションの確かさ(通常、駆動力はほぼ前輪に配分される)は安心感が高い。

乗り味については、90シリーズの(とくにエアサスの)優しくなめらかなタッチを知っていると、コーナリング時のロールは小さめで、全体に引き締まった印象ではある。が、それは60シリーズ本来の味付けで、『V60CC』ではFWDモデルに対し増した車重がクルマを路面に押さえつけるように作用し、19インチタイヤを履く足回りからの突き上げもほとんど気にならないレベルだ。

洗練されたガソリンエンジン


187kW/35.7kgmの性能を発揮する2リットルターボは、8速ATの小気味よくスムースな変速もあり、気持ちのいい走りを体感させてくれる。洗練されたガソリンエンジンの印象。ラフロード(オフロードモードが備わる)でも、足がすくわれるようなことなく、発進からジワッとクルマが前に出る。

しなやかなナッパレザーのシートを始め、室内空間は快適。試乗車の“アンバー”と呼ばれるシート表皮色と“チャコール”のトリム色は落ち着いた雰囲気で好感がもてた。安全装備の充実度もボルボ車ならではだ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。

《島崎七生人》

編集部おすすめのニュース

特集